Rアルカナの基本性能(後衛)

今回はRアルカナ(後衛)の基本性能について扱います。

◆考察指針
後衛アルカナの性能は前衛がどれくらい戦線を維持してくれるかに依存します。
なので、後衛アルカナの性能値はかなり可変的です。
何秒のあいだ戦線がもつのかで与ダメージ総計が変わってくるわけです。

そこで今回は、アルカナの火力を出したうえで、
前衛と組ませてみて性能値を算出してみようと思います。

◆空を舞う予報士ジーナ(大海、魔法使いR)
真昼の星(経験値+10%)が有名な魔法使いアルカナ。
スキルも全体攻撃と便利ですよね。
ニウとならんで好きなアルカナの一つです。

さて、このアルカナに紅魔の杖(15,11,9)を装備させて、
戦線が15~30秒維持されたそれぞれの場合での性能を計算してみます。
こちらでも述べましたが、敵二体の攻撃力が600の設定ならば、
 四凸ラビィ、四凸アンジェリカ、主人公v2が10秒強、
 四凸ヴィオレッタが25秒、無凸リースが30秒、四凸リースが35秒ほど、
 戦線を維持します)

計算結果は以下の通り。
Gina2.png
四凸ジーナ(性能/火力の順)
計15秒戦線維持→7413/16528
計23秒戦線維持→10561/16528
計30秒戦線維持→13315/16528
計40秒戦線維持→17251/16528

戦線維持時間がのびるに比例して、与ダメージが伸びているのがわかります。
戦線が20秒ほど維持されれば、四凸アンジェリカ四凸(SR戦士)に匹敵し、
30秒ほど維持されれば、三凸ハンフ(SSR)のボスwave性能に匹敵し、
40秒ほど維持されれば三凸ハンフの対黒の兵士ボスwave性能に匹敵します。

◆総評
四凸ジーナの性能が、組み合わせる前衛次第で大きく伸び、
同じRの前衛職よりもはるかに高い性能をたたき出しています。

今回わかったのは、火力16500の後衛職が、
初期の四凸SRや四凸SSRの単体運用性能に匹敵する数値を出す、
ということです。

次回はSRアルカナ(後衛)を扱います。


人気ブログランキングに参加してます。
参考になった! と思ったら応援よろしくお願いします。
バナー2.png


この記事へのコメント