リエラの性能について

あまり情報出てないようなので、例によって雑記形式で、検証結果。

遠距離の一発は55%(乗算) 3秒で3発
近距離の一発は140%(乗算) 騎士並み:1.75秒に一回 (おそらく)

変身すると遠距離攻撃がガードできるようになる(推定65%カット)が、
変身前から行えるカウンターも「ガードした」扱い
ガードすると与ダメージ30%上昇(乗算)

変身中のクリティカル上昇率:不明
変身中の与ダメージ上昇:13%(乗算) 
変身のダメージカット:30%減少(乗算)

※なお、以上のことから、某所の解析画像は抜いてきた数値を書き込む欄を間違えていると思われます

これらの検証を踏まえて、「前衛として」リエラを評価すると、
(シュライフリュース装備:15/10/10)
平常時→カウンター起動時→カウンター起動&変身時の順に、(カッコ内は火力)

無凸 6100→7800→18500(30000→38000→42000)
一凸 7200→9000→21500(32000→40000→45000)
二凸 8250→10500→25000(33500→42500→47500)
三凸 9400→12000→28500(35000→44700→50000)
四凸 10500→13500→32400(37000→47000→52500)
となる。

※1計算に際して、カウンターは「近接攻撃を20%軽減する」というスキルに読み替えました。
じっさいには攻撃機会が増えているため、より強い結果が出ることが期待されます。
※2クリティカル確率上昇は計算に入れておりません

変身スキルがいかに破格かということがわかります。
比較対象として最近の強アルカナ代表格(といっていいだろう)であるリフレットを挙げれば、
リフレットの性能は無凸で20000弱、四凸で32000程度であり、驚くべきことに変身時&バフ発動のリエラとほぼ同格です。

スキルの使い勝手やwave回復等まだまだ検討の余地はありますが、リエラは「後衛として」遠距離攻撃をすることもできるので、少なくともリフレットに匹敵するアルカナだと評価すべきだと思われます。

珍しい近接弓にもかかわらずこれだけの性能を出せるとあれば、当たりアルカナと読んでいいのでは。



補:
 クリティカル率上昇値を30%とした場合、変身後の性能は
 無凸:21000
 一凸:24500
 二凸:28500
 三凸:32500
 四凸:36700 まで上昇します。


人気ブログランキングに参加してます。
参考になった! と思ったら応援よろしくお願いします。
バナー2.png


この記事へのコメント