初心者向け記事:まずはSSR僧侶を確保する

雑記です。
初心者向け(?)


細かい情報が知りたい場合はSSR僧侶概観を参照のこと。


説明すると長くなりますが、チェンクロでは回復役の性能が非常に重要です。
なので、ある程度以上の難度のクエストをクリアするためには、SSRの僧侶ないし回復役を確保することが大事です。ゲームを開始したばかりで一枚も回復役のSSRを持っていないならば、とりあえず一枚確保することを目指すとよいです。パーティーの強さがぐっと上がります。

最近は伝授システムが出てきたので、回復技を覚えたSRと対応した職業のSSRを持っていても回復役になれるようになりましたが、そのあたりも含めてみていきましょう。

◇チケットで手にいれる
ゲームをはじめたばかりで一番手っ取りばやいのは、一部SSR交換チケットを使うことです。その場合は、一部聖都アルカナのリリスがおすすめです。二部後半ともなると力不足な面もありますが、それでもSRよりは数段つよく、またスキルがいまなお強力なため、基本的にはメインストーリーをとおして使える僧侶アルカナです(検証してないのですが、伝授によってスキルが劣化していなければ、新世代僧侶に継承させるのも十分ありかと思います)。
なお、同じく一部SSR交換チケットで手にはいる回復役のアルカナとしてはファルベ(副都)とアオイ(九領)がいます。アオイはリリスに比べると回復量が劣るため、チケットでとるぶんにはリリスのほうがお勧めですが、ファルベは三部新世代アルカナの魔法使いSSRを持っているなら伝授元として役立つ(後述)ため、検討の余地があります。

そのほかにも、大海のミラベルや薄命のケテ、トアなどは、リリスよりもさらにステータスが高いため、二部SSR交換チケットで手に入れることができたら、基本的には全編通して使える回復役として役に立ちます。(ただ、アビリティの覚醒が遅く使うのに手間取るかもしれません)

◇常設酒場で引く
次に回復役SSRを入手する手段として、常設酒場のガチャを引くというのがあります。
常設酒場で手に入るSSRの回復役アルカナはだいたい以下のとおりです。
一部(基本的に本体は弱め)
魔法使いファルベ(副都SSR):攻撃と回復の兼用スキルもち 2マナでやや重く、癖があるのがネック
僧侶リリス(聖都SSR):強力な回復スキルもち スキルが2マナなのがネック
僧侶リヒト(聖都SSR):攻撃スキルもちの前衛僧侶 回復があまり得意ではない
僧侶トレランシア(精霊島SSR):強化+弱めの回復スキルもち僧侶。イベントなどで役立つがPTを多少選ぶ
僧侶アオイ(九領SSR):スキルは並み

二部(一部アルカナよりは本体が一段強め)
僧侶ミラベル(大海SSR):過不足なく活躍する僧侶 PT強化要素はない
魔法使いクララ(大海SSR):スキルを撃つと味方が回復する スキルがやや重めで回復タイミングも遅いのがネック
僧侶トア(薄命SSR):わりと強い。状態異常につよく回復力も高い
魔法使いケテ(薄命SSR):わりと強い。マナ回収・デバフもち。回復スキルとしては癖がある。
弓使いメディア(レムレスSSR):素養+結束+回復の弓。常設では最強

基本的に一部SSRアルカナは能力値が低めなため、二部後半以降になると(使えなくはないのですが)力不足な面が出てきます。したがって、あとあとのことを考えると二部SSRアルカナで回復役をそろえたいところです。

もしどうしても一部でそろえたいなら、リリスかトレランシアを狙っていくのがいいでしょう。
リリスは上記のとおりスキルが強力で、使っていけないことはない性能です。トレランシアはレイドイベントなどで役に立ちますし、PTを高火力な戦士などで固めた場合には高難度でも使っていける性能です(ただ、PTがある程度以上強くないと役に立ちづらいのですが^^;)。

二部でそろえる場合は、レムレス島アルカナのメディアが非常におすすめです。
たいへん強く、現在、常設酒場で手に入るアルカナの中ではある意味で唯一、一線級といっていい回復役アルカナだからです。斬銃PT専門となりますが非常に強力なアルカナですし、そもそも斬アルカナという縛りが見た目以上に緩い(騎士・戦士ともに斬アルカナが多いため組み合わせやすい)ため、相手にもあまり困りません。メディアについては残念ながらチェンクロ一部が終わった後でなければ手に入りませんが、レムレス島の常設酒場で手に入れることができます。

また、メディアほどではないにせよ強力なアルカナとして、薄命のトアやケテがいます。
トアやケテは結束要員ではなく、ほかのアルカナを強化する役割をそこまで果たせないという点でメディアに劣る部分があります。この差は普段のクエストではあまりでませんが、難易度80を超えるクエストを攻略する際に違いがでてくることがあります。とはいえ、ほかのアルカナが十分強力ならトアやケテを使っても高難度クエストは十分クリアできますし、トアやケテは斬銃PT以外で使えるというメリットがあります。
トアは状態異常につよい僧侶としてPTをバックアップしてくれますし、ケテは攻撃役を兼ねるためPT全体の被ダメージが(結果的に)大きく抑えられることになり、便利です。

◇復刻される限定アルカナを手に入れる
また、おそらく定期的に復刻されるアルカナとして、手に入れると楽になるSSR僧侶アルカナがいます。罪の大陸のリーアと、鉄煙の大陸のジークルーンです。リーアは全般的に強くどんなPTでも入れられるのに対して、ジークルーンは鉄煙を専門としますが鉄煙限定でリーアよりも強いといえます。いずれもうまくPTを組めれば強力です。

なお、リングガチャから排出されるアルカナで、復刻がずいぶん先になるかとは思いますが、ユーフィスも、凸のしやすさを踏まえると、手に入れやすくそれなりに強力なアルカナだと言えます。

◇伝授スキルで回復役のSSRをつくる
伝授スキルがでて、回復役のSSRを確保するのが多少楽になっています。
というのは、↑ですでに挙げたように、回復スキルを持っているのは僧侶だけではないからです。回復スキルをもつ魔法使いや弓使いから、三部「新世代」SSRに回復スキルを伝授すれば、本編中は十分使えるレベルの回復役になることができるかと思います(基本的に一部のSSRよりも三部のSSRのほうがアビリティが強めなので、回復スキルを持っている一部SSRからも三部に伝授したほうがいいとは思います)

一部で手に入る、回復スキルを持つSR、SSRは以下の通り
魔法使いファルベ(副都SSR)
騎士レミラ(聖都SR)
魔法使いエレミア(賢者SR)
弓使いリーニャ(精霊島SR)

だましだましの運用ということにはなるかもしれませんが、SSRの回復役を融通できるという点では優秀ですので、回復役に困っていたらぜひ試してみてください。


リーアの初出は2015年の12月だったと思いますが、そろそろさらに強力な僧侶がでてもおかしくない時期かなと思っています。特にリリスver2が出ることはほぼ確定なので、今後の展開に期待ですね^^

いずれにせよ、回復役をこなせるSSRを持っていない場合、イベントガチャなどでSSR僧侶や回復スキルを使えるSSRがでていたら積極的に狙っていくのはわるくない選択肢だと思います。



人気ブログランキングに参加してます。
参考になった! と思ったら応援よろしくお願いします。
バナー2.png


この記事へのコメント