6月レジェンドフェス(ツル、アンジェリカ、フェブリア、ウィヴェア)


2017/06/16 ツル計算を追加
また、フェブリアについて加筆(評価を下方修正)
近接魔にとっては計算が重要であること、アビリティの要求条件を評価できていなかったことなど、色々な点で不備のある情報を出してしまっていて申し訳ない。お詫びします。




◇総評
ツル、アンジェリカの強さが目立つ
特にツルはPTを整えてやるとかなり壊れた性能なので、
キャラに思い入れがあったら(強いキャラが好きならなくても)全力で引きに行っていいレベル



いつもの
ツル:
 平常時C(超必殺ゲージ時A)
 九領パ時B(超必殺ゲージ時A上位)
 斬パ時B~B上位(超必殺ゲージ時A上位)
 九領・斬パ時A(超必殺ゲージ時A上位※1)

フェブリア:
 平常時D~C(突パ時C~B)※2

アンジェリカ:
 平常時D(キルアップが乗りきるとB上位)

ウィヴェア:
 平常時C(精霊島PTでB)(という感じだろうか、僧侶の評価は難しいのだが)

※1:ツルの九領かつ斬PTの評価値は副都パ運用時のカインの1.2倍くらい
 しかもこの評価にはスキル使用時のバフとマナ獲得を加味していないので、ツルが非常に強いことが分かる

※2:アビリティの額面的には、フェブリアは平常時C~B、突パ時B~B上位程度のポテンシャルがある。ただし、フェブリア自身がかなりPTを組みづらいアルカナ(後衛数を増やすことを要求するのに前衛としての役割を果たしづらい)なので、アビリティの評価を下方修正した。



◇データ的なまとめ

ツル:平常時dps189%、被85%の二重結束(斬:与105被90、九領:与120)もち、全体バフ吸魂戦士。結束・支援・本体性能のあらゆる要素が高水準で、基本的に文句のつけようがない。。PTをそろえればぶっ壊れレベルに凶悪、単独運用でもかなり強い。道中・ボス戦いずれもこなせる最高峰のオールラウンダー。盾を持ってれば強かったかなぐらい^^;

フェブリア:dps165~280%の戦士相当の突結束(与110)もち反射近接魔。個々のアビリティ自体は悪くなく、光るものはある。特に反射アビリティは後衛が出てくるクエストであれば被ダメ0.9倍、与ダメ1.1倍程度は見込めるアビリティだろう。ただ、近接魔最大の弱点である耐久性を補うアビリティがほぼないにもかかわらず、後衛アルカナ2体を要求する(前衛数が減る)というのが致命的過ぎる。耐久性があまりないので、ほかのアルカナにダメージを引き受けてもらいつつ必要に応じて前線に出るという運用がいいだろう。

アンジェリカ:dps163~326%程度の透明化戦士。最初は控えめだが、最終的にdpsがかなり上がるので強い
特に斬強化、クリティカル率強化が乗りやすくなかなか凶悪な殲滅力を発揮する。被ダメージ減少アビを持っていないことが難点なので何かで補ってやりたい

ウィヴェア:回復力140%程度の精霊島結束(与115%)僧侶。結束数値としては騎士メインならシーシャンにやや劣るので、戦士や弓が多めの精霊島PTを組む場合にはいちおうオンリーワンの役割を果たせる、という感じだろう。


◇くわしく
◆ツル
必殺(1マナ):20秒間、味方全体の与ダメ上昇(+30%)&被ダメ減少(被ダメ-atk1.5%)
超必殺(1マナ):接触しているすべての敵に25回小ダメージ(0.14倍)+中ダメージ(6倍)+転倒+20秒間、味方全体の与ダメ上昇(+40%)&被ダメ減少(被ダメ-atk2%)&移動速度上昇(+30%)
1アビリティ:マナの天分&吸魂(25%
 マナを所持していると自己バフ(与150%、被95%に)
2アビリティ:超必殺ゲージが最大になると120秒間の自己バフ(与+70%、被-10%、移+20%、クリティカル率+20%)
 武器系統斬の味方にバフ(与105%、被90%、移動速度130%に、4秒ごとにHP250回復
PTアビリティ:九領結束(与120%に)



PTこそ選ぶが現状最強のアルカナの一角(2017年6月)。
ツルの平常時は本体の殲滅力がやや弱いが、超必殺ゲージがたまると自己強化されdps350%、被77%程度の強力な戦士になる。また支援能力の水準も高く、スキルによるバフ(20秒間の間与ダメージを30%伸ばし、被ダメージを抑える)もマナ獲得率(25%)も高水準。超必殺は9.5倍ダメージを至近範囲に振りまきつつ、全体強化をこなすことができ、これも非常に強力。(結束やバフによる補助を含めた)十分な殲滅能力と高倍率のマナ獲得能力をもつため道中に強く、超必殺の対ボス火力が高いためボス戦もこなせる、最高峰のオールラウンダー。
 二重結束の片方が九領のため、支援アルカナとしてはミシマv2ほどの汎用性がないが、単独運用でも強力なアルカナなのでとりあえず入れておくと仕事はする。ちなみにスキル・アビリティ構成上、高難度以外のクエストでは絶大な能力を発揮する格下キラー(格上を倒せないとは言ってない)みたいなアルカナ。

言いたいことはいろいろあるのだが、何より破格なのが高倍率のマナ獲得能力。25%て。ツルが前衛をこなしているだけでガリガリマナが増え、マナ8貯蔵は当たり前。敵が多いクエストであればボスwaveのたびに2~3マナスキルを撃ちながらマナが減らないという始末。

一見すると「マナを獲得するには敵を倒さなくてはならない」のに対して、「超必殺ゲージがたまるまでは殲滅力に欠ける」という点が邪魔をするように思えるかもしれないが、この弱体自体も自分で(バフスキルを撃つことで)解消できてしまうため、あまり弱点になっていない。バフスキルを撃つことで味方全体も強化されるし…^^; 末尾の計算を見てもらえば分かるが、だいたいバフをうつと覚醒アマツ並みの強さになり、超必殺ゲージがたまるとカインv3並みの強さ(カインよりもはるかに殲滅力があるかわりに、盾がない分耐久がやや劣る)のアルカナになる。超必殺自体の威力(マナ効率)もカインとほぼ同格。

難点といえば範囲一掃スキルをうちづらい(超必殺はできたらボスに使いたいので)ことだろうか。他方で、マナを大量に獲得するという点で、マナを使用して全体強化するアルカナとは相性がいい。

この点についていえば、とくに、マナを使用して高倍率の支援能力を発揮し、遠距離一掃攻撃もこなせる九領斬アルカナ、ミシマv2とは最高の相性といっていいだろう。ミシマの難点である「マナが不足しがちになる」というのをツルで補うことができるし、逆にツルの側から言っても、苦手な範囲・遠距離一掃攻撃をミシマが担ってくれるのはありがたい。

ちなみに、超必殺ボイスからもわかるが、母親のチドリとの関係を強調する感じのキャラデザイン
斬結束+斬キャラのHP回復アビリティも持っている


◆フェブリア
1スキル(2マナ):30秒間、味方全体の通常攻撃に炎属性の追撃(50%)を追加(最初の一回のみ発動)
追撃威力はクリティカルの有無に関係なく発生するが、威力は通常攻撃の50%で固定
2スキル(1マナ):直線5倍
1アビリティ:近接での与ダメ減衰なし&攻撃速度増加(戦士並み)&通常攻撃が炎属性化
 自分より後ろに二人以上味方がいると自己バフ(与150%)
2アビリティ:マナが多いほど自己バフ(1マナごとに8.75%ずつ効果が増える乗算バフ 最大与170%)
 遠距離攻撃からのダメージを下げ(-20%)、炎属性で反射する。
PTアビリティ:突結束(与110%)


dps165~280%の戦士相当の突結束(与110)もち反射近接魔。性能自体は悪くなく、光るものはある。特に反射アビリティは後衛が出てくるクエストであれば被ダメ0.9倍、与ダメ1.1倍程度は見込めるアビリティだろう。

ただ、近接魔最大の弱点である耐久性を補うアビリティがほぼないにもかかわらず、後衛アルカナ2体を要求する(前衛数が減る)というのが致命的過ぎる。詳しくは後述の計算を参照してほしいが、恒常戦闘能力という点では、様々な条件を満たしても変身前シューレと同程度にしか強くなれない(シューレは変身によってさらに2.5倍ほど強くなる)さらに突PT自体がそれほど強くないのと、マナを獲得してくる相方がそれほどいないという点が相まって微妙なアルカナになってしまっている。いちおう、マナを獲得できる突系アルカナ、たとえばアトゥイなどと組み合わせるのは相性がいい。

いずれにせよ、耐久性があまりないので、ほかのアルカナにダメージを引き受けてもらいつつ火力が必要な時は前線に出るという運用がいいだろう。

敵からの遠距離攻撃の反射はつねにフェブリアの攻撃として扱われるため、フェブリアのバフが全部乗った係数で反射される。※チェンクロwikiに1.3倍反射というデータが出てたけど誤り

向こう見ずなキャラを表したのは分かるのだが、正直ちょっと上方調整してあげてほしい。

◆アンジェリカ
スキル(1マナ):接触しているすべての敵に中ダメージ(6.5倍)&ダウン
1アビリティ:キルアップ(6%)&敵撃破ごとにHP回復(10%)
 クリティカル威力増加(1.5倍→2倍)
2アビリティ:透明化(接近戦をするまで必殺以外の遠距離攻撃に対して無敵)
 透明化中移動速度増加(1秒ごとに15%増加、上限30%)※
 攻撃していないとき次の一撃の攻撃力増加(0.6秒ごとに20%増加、上限50%)※
PTアビリティ:戦士がいると与140%に

※中華で出てた解釈に準拠しました


dps163~326%程度の透明化戦士。最初は控えめだが、最終的にdpsがかなり上がるので強い
特に斬強化、クリティカル率強化が乗りやすくなかなか凶悪な殲滅力を発揮する。被ダメージ減少アビを持っていないことが難点なので何かで補ってやりたい

スロースターターだがキルアップが乗り切ると神殿などで大活躍する。
ただスロースターターであるという部分が高難度で使いづらいところではあり、全体バフや結束などでアンジェリカがスペックを発揮するまでの間dpsを補えるといいだろう。そういう意味ではツルは比較的相性がいい。


◆ウィヴェア
スキル(1マナ):味方全体のHPを小回復(35%程度)+封印回復&耐性付与+一定時間与ダメージ上昇
1アビリティ:封印無効&必殺使用時に味方全体の超必殺ゲージをあげる
2アビリティ:回復量増加(+20%)&所持マナ数ごとに回復量&回復範囲増大(1マナごとに回復量3.75%、回復範囲5%)※
PTアビリティ:精霊島結束(与115%に)

※中華で出てた解釈を参考にしました



回復力140%程度の精霊島結束(与115%)僧侶。結束数値としては騎士メインならシーシャンにやや劣るので、戦士や弓が多めの精霊島PTを組む場合にはいちおうオンリーワンの役割を果たせる、という感じだろう。


ツル計算(無凸)
平常時:通常性能22000/火力50000/高難度性能6200
平常バフ時:通常性能42000/火力64000/高難度性能8800
超必殺:通常性能47500/火力89000/高難度性能12500
超必殺バフ:通常性能115000/火力105000/高難度性能17200

比較:覚醒アマツ(無凸)
通常性能28000/火力69000/高難度8950

比較:カイン(無凸・後衛二人)
通常性能42000/火力57000/高難度12300

Tsuru.png


フェブリアの計算(無凸)
平常(2マナ時)通常性能7400/近接火力30000・遠距離火力23000(高難度2500)
平常(5マナ時)通常性能8925/近接火力36500・遠距離火力27500(高難度3100)
後2(2マナ時)通常性能10750/近接火力44000・遠距離火力33000(高難度3800)
後2(5マナ時)通常性能13000/近接火力53000・遠距離火力39000(高難度4500)

比較:シューレ(無凸)※HP回復アビもちなので高難度性能に着目するのがいい
平常:性能20000/近接火力48000/遠距離火力26000(高難度4700)
変身:性能84500/近接火力77000/遠距離火力41000(高難度12500)

フェブリア.png



人気ブログランキングに参加してます。
参考になった! と思ったら応援よろしくお願いします。
バナー2.png


この記事へのコメント