上条当麻の計算

短め。

上条当麻を計算してみた。
予想通りS~S+++(2018年秋以降のレジェンド2%ライン)。

ただし、対ボス戦時に
スキルデバフを重ね掛けしたときの瞬間性能はかなり高く、
20秒限定ながら2018年秋以降のレジェンド1%に匹敵する。

そのままでもそれなりの殴り性能があるが、
対ボス戦時に、とくにボスの特殊モーション前後などに
デバフスキルを一撃入れておくことで、
かなりPTに貢献できるだろう。

(というか、レジェンド1%などがよく持っている、
 全体バフつき攻撃スキルと実質的には同じような挙動
 加算枠を消費しないという利点はあるが)

ともあれ、瞬間的にレジェンド1%級っていうのは、
それにしても原作再現的でなかなかいい。


◇いつもの
上条当麻:

平常時
道中本体A++(結束こみS~S++)
対ボス本体S(結束こみS+++)

自己バフ時
道中本体S(結束こみS+++)
対ボス本体S+++(最高スペックSS++)※


この四段目の計算は、スキルによるデバフを反映した。
最高スペックを示す数値だが、実際にはデバフが20秒しか持続しない点に注意。



DB82AA83-9528-4A63-A441-01D932F68C61.jpeg

スポンサーリンク


◇概観
冒頭で示した通りだが、計算してみると、
(私の計算が間違っていなければ)
最高スペックがレジェンド1%級のため、
実質的にはライラックなどのラインよりも
一段階強い、というような感じ。

ただ、最高スペックが高いといっても、
スキルを使用したあとの20秒に限定されるうえ、
他のレジェンドのように対ボスの大火力を出せないため、
実際にはあくまで瞬間的な継戦能力貢献度が高い、
という程度にとどまるだろう。

計算してみるとだいたい、対ボスに限れば、
上条当麻のスキルはおおむね、
範囲攻撃(6倍)+全体バフ(与135%)
と同格みたいな感じ。

こう考えるとスキルが強いなあ。
道中で使えるスキルではないが、それなりの倍率ではあるし。


そんな感じで。




以下、計算を二枚。
一枚目は自己バフスキル使用前。
二枚目は使用後。

それぞれの表の上段は道中性能
下段は対ボス(デバフ)性能。

ただ、正直ちょっと二枚目下段が強すぎるので、
もしかしたら計算が誤っているかも。


◇上条当麻の計算(自己バフスキル使用前)
上条(変身前).png

◇上条当麻の計算(自己バフスキル中)
上条当麻(変身後).png


人気ブログランキングに参加してます。
参考になった! と思ったら応援よろしくお願いします。
バナー2.png


この記事へのコメント