メダルハントフェス所感(ジークルーン、エーリヒ、ランドルフ)




計算してみた。

まあブレはあるものの、運用を考えると、
総じてS+++(2018年度秋以降のレジェンド2%)級、
といったところか。

エーリヒの対ボス性能の高さに対して、
ランドルフの総合スペックが低めなのが目立つが、
前衛、後衛の両方の役割をこなせる点を、
どう評価するかだろう。


◇ジークルーン※
平常時:本体B~A+(結束込みS~S+)

毎waveスキルを使用する場合:
本体A~A++(結束こみS++~S+++)

◇エーリヒ:→は静止バフ
本体A→S(結束こみS→S++)
対ボス時A+→S+(S+++→SS)

◇ランドルフ:→は移動バフ
戦士換算で本体A+→S+(結束こみS→S++)
後衛換算で本体C→A+(結束こみA+→A+++)


※ジークルーンはスクラップ数によって性能が上下する。
 基本は高めだが、スキルによってスクラップを作ると、
 やや性能が下がる


82E25FDE-F715-432E-AA16-4F90F2B0FD94.jpeg

スポンサーリンク



◇総括

まあ、全員が、
予想通りS+++ラインくらいの強さであり、
既存のアルカナと比べれば十分以上に強い。

鉄煙PTを強化したい人にはお勧め、
といえるだろう。

今回はメダルハントということで、
頑張って周回できる人は、
ある程度の資産を回収することもできる。
(ただ、私自身資産回収に励んでるけど、
 あんまり人には勧めづらい^^;)



◇細かく

冒頭で述べたので尽きてるが、
まあだいたいS+++くらい。
一応軽く再掲しとくと、

素のジークルーンがS+
スキル使用時のジークルーンがS+++
エーリヒが道中S++、対ボスSS
ランドルフが前衛S++、後衛A+++
となる。

ジークルーンは素の性能が少し低めに見えるが、
実際にはほぼ毎waveスキルを撃つことになるため、
見た目以上に高性能の後衛として役に立ってくれるだろう。
1wave目からS+++相当のスペックを出せるわけだし、
むしろ出足は早いほうといえる。

それに対して、ランドルフとエーリヒはそれぞれ、
運用上の癖のあるアルカナ。お互い
「前方に弓」「後方に弓」
「動かないとバフ」「動いてるとバフ」
という感じで、鏡写しのような性能になっている。
運用時は両方を併用すると、まあ、
基本的には使いやすいということになるだろう。

そしてまた、ランドルフとエーリヒはそれぞれ、
スクラップがある場合スキル威力がほぼ二倍になる、
というオプションがついているため、
スクラップ生産機のジークルーンと組ませると、
かなり対ボス向きの挙動ができるようになる。

その攻撃力は、アシュリナやロレッタのような、
殲滅力最高峰(効率7000オーバー)ほどではないが、
レジェンド1%の顔ぶれの中でも中堅以上(効率5000程度)
の破壊力には達している。

また、エーリヒやランドルフは、
そこまで破壊力を出す必要がない場合=道中では、
雑魚を蹴散らしつつも、
逆にスクラップ生産側に回れるスキルも持っているので、
運用の利便性が高いというのも評価できる。

まあもともと鉄煙は、
DPSが低めの代わりにスキルをガンガン使っていき、
対ボス、道中ともにスキルの破壊力で押し切る、
というような地域だったので、
その路線を保持しつつパワーアップしたかたちになる。


ところで、性能値をパッと見て目立つのは、
エーリヒの対ボス性能が非常に高いのに対して、
ランドルフのスペックがいまいち伸び悩むこと。

結束値の低さも目立つのだが、
とくに後衛として考えたときの性能がかなり低く、
数値にしてエーリヒの最高スペックの30%弱。
後衛としては、ランドルフを三人持ってきて、
ようやくエーリヒと対等、という感じになっている。

しかしまあ、ランドルフの本領は前衛であり、
結束にしても「かける側ではなくかけられる側」
ときちんと認識してやれば、まあ悪くないのかな、
という印象。

被ダメージが蓄積してしまったときに、
後衛として運用してHPを戻したりすることもできるので、
「遠距離攻撃もできる前衛」として理解してやるといい。

ちなみに性能が低い低いといってはいるが、
九領のレジェンド1%たるソーニャは、
だいたい近接A+++、遠距離A+なので、
完全にランドルフに負けている。(マメ



◆いつもの

◇ジークルーン※
平常時:本体B~A+(結束込みS~S+)

毎waveスキルを使用する場合:
本体A~A++(結束こみS++~S+++)

◇エーリヒ:→は静止バフ
本体A→S(結束こみS→S++)
対ボス時A→S(S+++→SS)

◇ランドルフ:→は移動バフ
戦士換算で本体A+→S+(結束こみS→S++)
後衛換算で本体C→A+(結束こみA+→A+++)


※ジークルーンはスクラップ数によって性能が上下する。
 基本は高めだが、スキルによってスクラップを作ると、
 やや性能が下がる






◇ジークルーンの計算

一枚目はスキルを使用しないとき
二枚目はスキルを毎wave使用する、というとき

それぞれ上段はスクラップ数8
下段はスクラップ数0

ジークルーン(スキル換算せず).png

ジークルーン(スキル換算時).png

各計算の下段で、クリティカル率の計算ミスがあり、
dpsが5%ほど下がっている。ご了承下さればと思う。



◇エーリヒの計算

一枚目は道中(デバフを換算しない)
二枚目は対ボス(デバフを結束扱いで加味)

それぞれ上段は静止バフなし、
下段は静止バフあり

スクラップ時のスキル威力を知りたい場合は、
「効率」の値を二倍してくれればだいたいわかる。

エーリッヒ(道中).png

エーリヒ(対ボス2).png

◇ランドルフの計算

一枚目は前衛としての評価で戦士換算
二枚目は後衛としての評価

それぞれ上段は移動バフなし、
下段は移動バフあり


スクラップ時のスキル威力を知りたい場合は、
「効率」の値を二倍してくれればだいたいわかる。

ランドルフ(戦士換算).png

ランドルフ(後衛換算).png


人気ブログランキングに参加してます。
参考になった! と思ったら応援よろしくお願いします。
バナー2.png


この記事へのコメント