常設酒場最強のアルカナについて(レイリーの評価)


今回は黒化病を耐えてるすごい人こと、
一ツ星教授“凍結の左腕”レイリーを計算した。
チェンクロwiki

タイトルにも書いたとおりだが、
2017年2月実装当初の、
微妙だったレイリーはもういない。

2019年1月に上方調整を受け、
いっきに常設酒場最強の座に躍り出た

平常時は
「まあまあ、普通に強めですね」
くらいなんだけど、

凍結付与時の伸び率がやばい。
フリージアもそうだが、
全体結束280%はおかしい。

フリージアとの違いは、
(1)組み合わせ先を集めるのがちょっと大変
(2)より対ボス向きの性能
だというところ。


◇レイリー:魔PT運用が前提
平常時
本体A+(476)、結束こみS(817)

凍結付与時
本体A+++(713)、結束こみS+(1054)

氷属性弱点付与時
本体S+(1047)、結束こみSS++(3237)

氷属性弱点付与+凍結付与
本体S++++(1568)、結束こみSS+++(3758)


レイリー1.PNG

スポンサーリンク


◇概観

基本的に、かなり多くの点で、
フリージアと類似するアルカナ。

フリージアに関する以下の説明は、
すべてレイリーにもあてはまる。
(2.1倍の部分は2.2倍にしなきゃだが)

素の性能でも魔PTならまあ普通に使える(S+)くらい。
最近のアルカナに比べても初動が早いのは評価できる。

ただ属性バフの伸び幅がやばい。
事前にそろえなければいけない条件は厳しめだが、
クエスト中にふつうにスキルを使うだけで、
PT全体のダメージを2.1倍にできるのはぶっ壊れている。

最も活躍するのはレイドなどの超短期戦だが、
ボス戦闘が厳しい超高難度でも普通に席があるうえに、
属性武器や属性伝授と組み合わせれば、
恒常的に切らさない運用も狙っていける。

すべてのアルカナが属性攻撃をできる、
という前提で結束換算すると、最低でも、
アシュリナやロレッタなどの、
2018年度秋以降のレジェンド1%に匹敵する。

条件は少し厳しいかもしれないが、
属性必殺をもつアルカナや、
属性通常攻撃ができるアルカナと組み合わせていきたい。

とくにユニとの相性がいいが、前述のとおり、
新世代アルカナが特攻のレイドなどでも、
強力な倍率を誇るバッファーとして、
役に立つことができるだろう。




以上を踏まえて、
フリージアとの違いについて述べていく。

(1)レイリーは氷弱点しか付与できない
大きな違いとして、弱点付与属性の違いがある。
フリージアは氷炎の両属性弱点を付与できるが、
レイリーは氷属性弱点しか付与できない

このため、
レイリーのほうが組み合わせアルカナが狭い

とくに、新世代アルカナと組み合わせて、
スキルによる対ボス性能を高める場合、
氷属性の高威力必殺がそれほど多くない
(たとえば運動会ソーニャのような、
 3マナ22.5倍という性能のスキルがない)、
という点が足を引っ張る。

大雑把な一覧は下記の通り。

配布シェギギム(2マナ範囲7.5倍)戦
血界スティーブン(2マナ範囲9倍)戦
ムニールv1(2マナ範囲8倍)戦
ムニールv2(1マナ範囲5倍)戦
SRオウララ(2マナ範囲7倍)戦
SRコキュートス(2マナ範囲10倍+凍結)戦

キサ(2マナ複数体)弓

ブルワリー(1マナ範囲4倍+4.5倍回復)魔
フリージアv2(1マナ全体)魔
ユニv1(2マナ単体)魔
ユニv2(2マナ範囲)魔
SSRクラウス(2マナ範囲)魔
メラヒム(3マナ範囲15倍)魔
ダンまちリヴェリア(3マナ範囲16倍)魔
ヘリシティー(3マナ範囲9倍+ダウン)魔
レジェンドユニ(2マナ範囲10倍+自己バフ)魔


(2)レイリーは新世代である
敵に属性弱点デバフをまくという点では、
フリージアがもともと持っているスキルは
かなり高性能である。

しかしスキル火力面では心もとなく、
フリージア自身がボスに一気にダメージを与える、
という動きはしづらかった。

それに対して、レイリーは新世代であるため
二つ目のスキルでデバフをまく役割をこなし、
ボス戦闘では一つ目のスキル(2マナ12倍)で
対ボス戦闘でも大きく与ダメージに貢献できる

この点は大きな違いであるように感じられる。
デバフをまくスキルに関しては、
アイザック伝授、クニアリ伝授とあるが、
まあどちらでもそれほど大差はないのかなと思う。



したがって、レイリーは
フリージアと同じく
「超短期戦バッファー」
「高難度のボスwave突破要員」
として使える、非常に有用なアルカナである。

現状、3部常設酒場の中では、
もっとも強力
といって過言ではないだろう。

他方で、高難度で継続的に使うためには、
PTの装備を整えたり、伝授役を集めたり、
事前準備が必要なアルカナでもある

準備すればするほど強くなるが、
始めたばかりではポテンシャルを生かしきれない
という部分もある。

フリージアと違い炎属性を弱点にできないため、
やや組み合わせ相手に困る向きもあるだろうが、
フリージアよりも対ボスをこなせる
という大きな利点がある。

そのため、レイリーは、
そもそもぶっ壊れなフリージアを、
さらに超えるポテンシャルをもっている。

うまくPTを組めば、
フリージア以上に活躍してくれるだろう。




◇計算
一枚目が平常時
二枚目が氷属性弱点付与時
(結束部分は、氷属性攻撃ができる魔PTの計算)

レイリー(通常).png

レイリー(氷属性付与).png



フリージアの時にも書いたが、
条件を整えれば、スキル使用時に
アシュリナリヴェラを超える性能になる、
というのが本当にやばい。


人気ブログランキングに参加してます。
参考になった! と思ったら応援よろしくお願いします。
バナー2.png


この記事へのコメント