魔法兵団伝承編フェス(学生ヴェルナー、カティア、クラウス)

結論:初心者向けではない。層がある程度厚いプレイヤー(少なくとも中堅以上)向け。本体性能は1部常設~(総合的に)最初期レジェンド1%くらいの性能で、スキル威力も低い。ただし結束持ちのカティアは賢者系PTなら後衛に入らなくはない。絆効果は全員がある程度強いものの、カティアが頭一つぬけるか。


いちおうカティアはPT次第で、
置物として採用はありうる。
(一線級ではないが)

まあメインは絆だよね。
伝授スキルがそれなりに強いのに加え、
ヴェルナー、クラウスは減衰なし貫通。
カティアはHP回復を持っていて、便利ではある。

C2795122-0357-49A5-A060-F985754E8C91.jpeg

スポンサーリンク


◇いつもの(評価軸2000)
ヴェルナー:
前衛 F~C+
後衛 B+~A+++

カティア
前衛 A+++~S
後衛 S~S+

クラウス
無凸 B+~A+++
四凸 A~S


伝承編登場キャラということで過去verの登場。
共通する特徴として、
・コスト10
・ステータスが低い
・アビリティが弱め
・必殺技が使用回数ごとに内容変化(3回目まで)
・1回目、2回目のスキルは弱め
・スキル使用ごとに加算枠を大きく使用して自己強化

というのがある。

まず結束を抜きにして、
純粋な本体性能について話すが、

アビリティとステータスの低さが相まって、
初動本体の強さはかなりひくめ。
ヴェルナーとカティアは一部常設クラスだし、
クラウスは二部常設よりほんの少し強い程度。

ヴェルナーとカティアは近接魔として、
有利相性を押し付ける立ち回りができるが、
それを鑑みてようやくクラウスにおいつく
(二部常設程度になる)くらい。

ただし、
スキルを使うごとの自己強化幅が大きく、
加算枠を大きく占有するため伸びしろをつぶすものの、
スキル二回使用後の性能は結構上がる。

ヴェルナーカティアは単純にみて二部限定クラス、
総合的に見て初期レジェンド1%程度(初期カイン)
と本体性能が同格といったところだろう。
クラウスも後衛としての単純スペックで、
だいたいこのラインの性能を出している。

ここまで見てきて分かるように、
後衛としてはクラウスが最も強く、
ヴェルナーとカティアはやや、DPS面で負ける。

…ここまでが本体性能の話なのだが、
最近のPTに混ぜて運用するという点で言うと、
正直全体的に本体性能が低いため使いづらい。
最近の特攻などのほうが、例えば強い。

ただし、
後衛としての性能は前衛の強さに依存するため、
クラウスは後衛枠で使えなくはないし、
賢者PTであればカティアも、
頭数を埋められなくはない性能だろう。




◇以下計算

以下では計算を貼るが、
後衛時の強さを評価する場合、
SR以下PTを想定する場合は評価軸500を

最近の一線級PTに採用する場合は
評価軸1200~2000を
念頭において読んでほしい。


◇ヴェルナーの計算
加算枠の使用率計算と必殺技倍率にミスがあるが、
性能自体は問題ない。

一枚目が後衛、二枚目が前衛
上段が初動、下段がスキル二回使用時。

学生ヴェルナー(後衛).png

学生ヴェルナー(前衛).png


◇カティアの計算
一枚目が後衛、二枚目が前衛

上段が初動、下段がスキル二回使用時。

学生カティア(後衛).png

学生カティア(前衛2).png

◇クラウスの計算

上段が初動、下段がスキル二回使用時。

学生クラウス.png



◇評価分かりづらい人用

算出された数値を1200軸で読んでみて、
過去のアルカナの強さとだいたい照らし合わせてみる。

1200軸の数値リストを下に挙げておきます。
1200軸はまあ、最近のフェスアルカナで固めてない限りは、
まだまだ有用な評価軸。


◇最近のアルカナ布置
最後にこれ乗っけとくと色々便利なので、
繰り返しになるけど載せておきます。
後衛なので再計算する必要があるやつは
※つけておきます



◆環境最強格(4000:SS++++~)
現環境は(個人的には)三強。そのうち扱いやすいのが、
レアーオ(1600~4300)と
コモディア(2450~4500)の二体。

最後に実質的にはほぼ同格だが、
毎wave最初の15秒間だけ異常に強力なオルガ
(1500~3100程度、15秒間限定で6000程度)がいる。

条件つきでここに追いすがれるアルカナとして、
装備編成整えたテリリア(1300~4300)と、
運用を意識したシュザ(1700~6000)が挙がる。
シュザ強いんだけどマナ減りまくるから評価が難しい。

上方された義勇軍勢も一時的にこのクラスに届く。
カイン(1800~2100、超必殺後20秒3600)

◆レジェンド1%級(最高2500~:SS+~)
その下に、
リンセ(2300~2400)
オルドレード(1700~3000:運用を意識する場合)
ペイシェ(1350~2660)
ファティマ(1200~2500、近接絆とも好相性)※
シェギギム(1500~2500)、
春ベラ(1300~2200)、
アシュリナ(1700~2500)、
リヴェラ(1500~2300)、
装備編成整えないテリリア(1300~2500)
グリゼルディス※
といった「レジェンド1%級」の
アルカナたちが並んでる。

これら「レジェンド1%級」と同格ラインとして、
条件を整えると強いアルカナたち。
たとえば5waveで全力を出す支援アルカナ、
ベルタ(700~3000)※
装備編成を整えることで全力を出す
フリージア(900~3200)※
レイリー(800~3700)※、
フリージアと組めると強い属性攻撃特価の
ヴェルナー(属性デバフ時600~2500)※
などがいる。

「レジェンド1%級」のポテンシャルをもちつつも、
上記のアルカナたちと比べるとやや落ちるのに、
ラファーガ(400~2500)
運用をそれほど意識しないシュザ
(700~1600~場合によって2700)と
ヨシツグ(1100~2000~場合によって2700)、
ロレッタ(1000~2500がいる。
ラファーガは運用の制約が激しく、
九領勢とロレッタはちょっとエンジンかかるのが遅い。

◆旧レジェンド1%級(最高1500:S+++~)
で、これらのアルカナの下に、
「上方調整された旧レジェンド1%級のアルカナたち」と
「2018年秋以降のレジェンド2%級のアルカナたち」が
ばらばらに入り混じっている。

たとえば、
オルドレード(1700:運用を考えない場合)
ミシディア(1300~1700、一時的に2300)
イドゥベルガ(1700~一時的に2500)
シンフォニア(1000~2000)
ユリアナ(1400~1850)
アインスロット(1200~1800)
ツル(1100~1550+吸魂)やバリエナ(1990)、
フィリアナ(1100~1580+回復)※
追儺ヒトリ(900~1400+伝授)などがいる。

ユリアナたちと比べると少し弱めになるが、
ビエンタ(900 スキル使用時2000)
フェーベ(900~1500、スキル加味せず)
ライラック(750~1400)
リフレット(800~1370)、
追儺ベニガサ(760~1120)※
ユギギ(800~1200)
レリアン(250~1200)
ボムボマー(300~1500)※
あたりが並ぶ。

この前やってた転スラコラボのアルカナだと、
リムル(1000~1800)
ミリム(890~1050)
シオン@対ボス(730~810)
シオン@道中(730~1620以上)
なので、だいたい「旧レジェンド1%級」ぐらいの性能。

けものフレンズコラボのアルカナは
サーバル(1200~1800+吸魂)
オオセンザンコウ(1000~1800+復活1)
オオアルマジロ(800~1400+復活2)
カラカル(夜時1600~2500)
と、「旧レジェンド1%」くらいの性能。
(カラカルは「レジェンド1%」級)

今回のだと、
ヴェルナーは270~560
カティアは600~760
クラウスは280~530(四凸370~700)
なので性能が控えめぎみなのがわかると思う。







人気ブログランキングに参加してます。
参考になった! と思ったら応援よろしくお願いします。
バナー2.png


この記事へのコメント