バルトロ(レジェンド)について

結論:スペックとしては頭一つ抜けているわけではない。ただし、「対ボス(とくに複数)アタッカー」「弓単の盾破壊要員」という二つの役割をあわせもっていて、この二点において十分ポジションがある。


「頭一つ抜けているわけではない」
といっても、ウィンシーより
強化率分でやや負ける程度なので、
まあ普通に使えるかなという性能。

それよりも、いくつか、
オンリーワンな役割が担えるほうが重要かな。


6EB2FF86-5BF8-4CC1-A147-7C7C9373D08D.jpeg


スポンサーリンク


大海PTの内部で考えた場合、
恒常戦闘力ではウィンシーに劣り、
最大火力ではミラに負けるものの、

対ボス戦闘力と盾破壊というのが、
バルトロに役割を与えている。

負ける負けると書いたものの、
バルトロ自身のスペックも、
そこまで大差をつけて離れてはいない。



◇いつもの(2000軸)
マナ排出量によって強さが変わる

バルトロ
(1マナ)S+++++
(3マナ)SS

※今回の計算では、
 チャージショットによる複数巻き込みは
 計算していない


バルトロは大海所属の、
銃結束もちの弓アルカナ。

それぞれ条件付きだが、
高火力の対ボス用必殺と、
盾破壊の範囲攻撃を繰り出せる。

まず基本スペックについてみていく。
比較対象はウィンシー


◇火力面での比較(バルトロ微有利)
火力面を大雑把に比較すると、
ウィンシーのdpsが100とすると、
バルトロ(1マナ)のdpsは80程度
バルトロ(3マナ)のdpsは95程度、
となる。

この比較は、
バルトロ側の範囲攻撃を加味していない。
(バルトロは攻撃行動の1.5倍の範囲攻撃を撃つ)

30秒間に3回程度巻き込みを起こすとすれば、
バルトロ側のdpsが最低1.2倍程度になるため、
(大雑把に計算してみた感じ)
火力面ではウィンシーとの差はほぼ埋まる、
と考えていいだろう。


◇全体強化面での比較(バルトロ不利)

差がつくのは全体強化率であり、
バルトロ側が130%程度しかないのに対し、
ウィンシーは147%からスタートする。

銃関係の結束持ちは、
だいたい与120被90程度が標準なので、
これはウィンシー側が強いと評価すべきだろう。
+αで全体バフを持っているのが強い。

強化率が15%違うくらいがなんだ、
と思われるかもしれないが、
サブPTバフ入れ替えてみればわかる通り、
けっこうこの差は大きい。


◇プラスアルファ面での比較
ここで、あとはそれぞれの長所、
プラスアルファ面を比較するのがいいだろう。

ウィンシーは対ボス戦時に有利な、
20秒間のデバフをかけることができる。
結束に加味すると総合的に210%程度となり、
「PT全体のスペックを単純に底上げする力」
という観点でバルトロに大差をつける。

また、新世代であるため、
ムジカ伝授などでバッファーになれる、
という点も評価されるべきだろう。

他方でバルトロは、
ウィンシーにはない対ボス戦高火力をもち、
さらに「チェインに応じたスキルコスト減少」
「通常範囲攻撃によって盾破壊できる」
という二つの特徴を持っている。

まあ、正直同じ平面で比較するのは難しい
(し、そもそも、バルトロとウィンシーは
 同じPTの枠を取り合ってるわけではない
 =一緒に使えばいいので、厳密に
 比較する必要がないといえばない)が、

やはりバルトロのポイントは、
色んな意味でのオンリーワンさだと思うので、
そこをプッシュして以下では説明していく

端的に言えばバルトロは、
大海では数少ない対ボス火力要員であり、
盾破壊というかたちで
弓系PTをサポートできる点が、
オンリーワンな役割をもっている。


◇ボス戦の話
前提として、ボス戦を楽にするというとき、
1)全体に強化をかけてじっくり倒す
2)チェインを重ねたスキルで瞬殺する
という異なるアプローチがある。

ここまで読んでくればわかるように、
前者がウィンシー(通常スキル)であり、
後者はバルトロ、そしてウィンシー(伝授)
の方向性である。

ウィンシーは基本(1)の方向性だけど、
ムジカ伝授させて、バフバフドーン!
の「バフ」部分を担当させることもできる。


◇バルトロは火力役になれる
ウィンシー側は
(1)の挙動ができる点で優秀だが、

バルトロは、
(2)の挙動をするときに必要な、
「マナをなるべく大きな火力に変換する」
役割をこなせるアルカナとして、
大海でも弓系PTでも、ほぼオンリーワンの性能を持つ。

とくにチェインを重ねたときの効率がよく、
そのあたりのレジェンド1%の超必殺よりも、
額面の数値としては二倍くらい高くなる。

厳密に言えば、
ミラv2も高い対ボス性能をもつが、
バルトロはミラとは違い、
複数のボスや取り巻き相手に、
一度にかつ一瞬で高火力を叩き込める、
という点で優れている。

ウィンシーは対ボス短期戦を
バフによって支援することはできるが、
自分では火力が出せない。


◇盾破壊の優秀さ
また、バルトロは盾破壊ができる点で、
弓中心のPTであればかなり優秀。

上でdps比較をしたときには触れなかったが、
バルトロの範囲攻撃は、ダメージに加えて
盾破壊を行うことができる。

したがって、戦士・騎士・後衛の三すくみ上、
ふつうは不利なマッチアップとなる騎士に対して、
バルトロがいればかなり有利に戦える、
という点は大きなメリットである。

弓系PTを編成する際は大きな利点になってくれる。



◇総括

総括としては、
バルトロは性能面で頭一つ抜ける、
ということはないのだけれども、

「役割」という点で、
かなり得難いアルカナになっている。

大海PTだけでなく、
弓単編成においても、
かなり強力なボスアタッカーとしてふるまえるし、

弓系PTを編成する際に、
三すくみの不利を無効化できるのは、
数字以上の強さがあると感じる。













1マナ排出時
バルトロ1.png

3マナ排出時
バルトロ3.png



◇最近のアルカナ布置
最後にこれ乗っけとくと色々便利なので、
繰り返しになるけど載せておきます。

以下は1200軸のデータなので、
結束の評価的にはやや弱めの評価です。

後衛なので再計算する必要があるやつは
※つけておきます



◆環境最強格(4000:SS++++~)
扱いやすいグループは以下の四体。
ウェイン(3100~4500)
レアーオ(1600~4300)と
コモディア(2450~4500)、
ファラ(3000~3500+回復)

最後に実質的にはほぼ同格だが、
毎wave最初の15秒間だけ異常に強力なオルガ
(1500~3100程度、15秒間限定で6000程度)がいる。

条件つきでここに追いすがれるアルカナとして、
装備編成整えたテリリア(1300~4300)と、
運用を意識したシュザ(1700~6000)が挙がる。
シュザ強いんだけどマナ減りまくるから評価が難しい。

上方された義勇軍勢も一時的にこのクラスに届く。
カイン(1800~2100、超必殺後20秒3600)

◆レジェンド1%級(最高2500~:SS+~)
その下に、
リンセ(2300~2400)
シンディ(2300~一時的に3000)
オルドレード(1700~3000:運用を意識する場合)
ペイシェ(1350~2660)
ファティマ(1200~2500、近接絆とも好相性)※
シェギギム(1500~2500)、
春ベラ(1300~2200)、
アシュリナ(1700~2500)、
リヴェラ(1500~2300)、
装備編成整えないテリリア(1300~2500)
グリゼルディス※
といった「レジェンド1%級」の
アルカナたちが並んでる。

これら「レジェンド1%級」と同格ラインとして、
条件を整えると強いアルカナたち。
たとえば5waveで全力を出す支援アルカナ、
ベルタ(700~3000)※
装備編成を整えることで全力を出す
フリージア(900~3200)※
レイリー(800~3700)※、
フリージアと組めると強い属性攻撃特価の
ヴェルナー(属性デバフ時1000~3000)
などがいる。

「レジェンド1%級」のポテンシャルをもちつつも、
上記のアルカナたちと比べるとやや落ちるのに、
ラファーガ(400~2500)
運用をそれほど意識しないシュザ
(700~1600~場合によって2700)と
ヨシツグ(1100~2000~場合によって2700)、
ロレッタ(1000~2500がいる。
ラファーガは運用の制約が激しく、
九領勢とロレッタはちょっとエンジンかかるのが遅い。

◆旧レジェンド1%級(最高1500:S+++~)
で、これらのアルカナの下に、
「上方調整された旧レジェンド1%級のアルカナたち」と
「2018年秋以降のレジェンド2%級のアルカナたち」が
ばらばらに入り混じっている。

たとえば、
ウィンシー(1700~一時的に2500)
イドゥベルガ(1700~一時的に2500)
アリシア(1200~1800)
オルドレード(1700:運用を考えない場合)
ミシディア(1300~1700、一時的に2300)
タンナーズ(1400~1800)
ファルナーズ(戦士PT時1300~1700)
シンフォニア(1000~2000)
ユリアナ(1400~1850)
アインスロット(1200~1800)
ツル(1100~1550+吸魂)やバリエナ(1990)、
フィリアナ(1100~1580+回復)※
追儺ヒトリ(900~1400+伝授)などがいる。

ユリアナたちと比べると少し弱めになるが、
ビエンタ(900 スキル使用時2000)
フェーベ(900~1500、スキル加味せず)
ライラック(750~1400)
リフレット(800~1370)、
追儺ベニガサ(760~1120)※
ユギギ(800~1200)
レリアン(250~1200)
ボムボマー(300~1500)※
あたりが並ぶ。

この前やってた転スラコラボのアルカナだと、
リムル(1000~1800)
ミリム(890~1050)
シオン@対ボス(730~810)
シオン@道中(730~1620以上)
なので、だいたい「旧レジェンド1%級」ぐらいの性能。

けものフレンズコラボのアルカナは
サーバル(1200~1800+吸魂)
オオセンザンコウ(1000~1800+復活1)
オオアルマジロ(800~1400+復活2)
カラカル(夜時1600~2500)
と、「旧レジェンド1%」くらいの性能。
(カラカルは「レジェンド1%」級)

盾勇コラボのアルカナは
尚文(汎用1900~2600 出張2500~3200)
ラフタリア(1000~2000、スキル時20秒4700)
フィーロ(750~2000)
グラス(1200~1900 対ボス2600)

バルトロは1200軸の場合、
1300~1450といった感じで、
スペックだけでゴリ押せるような性能ではない。

ただし盾破壊ができる点などは、
高く評価すべきだろう。




結論が出ないまま書き始めたら、
結構ダラダラ書いてしまったが、
まあこんな感じで^^;




人気ブログランキングに参加してます。
参考になった! と思ったら応援よろしくお願いします。
バナー2.png


この記事へのコメント

  • ふらお

    アリシアもお願いします!
    2019年06月29日 21:40
  • ふらお

    あ。ごめんなさい。アリシア更新していたのですねm(_ _)m
    いつも見てます!キャラの強さが分かりやすく説明されてるので大変助かります。これからも頑張ってください!
    2019年06月29日 21:42
  • バルトロ…ありがとうございます!!!!!
    2019年06月30日 00:43
  • バルトロ有難う御座います!是非参考にします!
    2019年06月30日 10:03
  • 名無しのユーリ

    コメントくださった皆様
    お返事が大変遅れてすみません(二ヶ月越しになってしまいました)。まずは、参考になったらなによりです。

    最近、私自身は後衛の強さをどのように測るべきかよく悩んでいます。お返事というか補足がわりに、どういったことに悩んでいるのかを簡単に説明いたします。

    このブログでは後衛の強さを「攻撃力かける(想定状の前衛の防御力)」+「前衛に与える与被増減の影響」で計算しています。しかし、別の記事で書いたように、敵を一方的に倒すというシチュエーションが存在するため、後衛の本体性能をどのように理解すべきかはまだまだ考慮の余地がありそうです。

    もちろん後衛が発生させられるダメージは、時間あたりにすれば前衛よりも少ないのです。しかし、たとえばイザークやチヨメといったスキルアタッカーと似たような仕方で、後衛は機能するように思われます。交戦せずに与えられるダメージを積み上げられるという点で、後衛の攻撃行動を前衛の攻撃行動と同列に語れないところがあります。
    最近とくにこの点が難しいなあと思っております。

    そのうちなんらかの答えを出したいと思っていますが、この補足がなんらか記事理解の参考になったら幸いです。
    2019年08月29日 06:45