審判の魔神討伐支援フェス(クライン、プリェスト)

キャラ評追記。

結論:リヴェラとの性能差が少なく、年代記強化枠としては割がいい。ただし、全体強化率が低いため「強力なPT」のメンバーになれるかは難点もある。個人的には引くのを勧めづらい。もちろん現行の年代記PTの中では十分な強さで、手ごろに年代記を強化したい! というプレイヤーにはお勧め。


上の評価はアルカナとしての評価であり、
もちろん、レイドを頑張りたい場合は、
その限りではない。



F0352D3D-9D23-4BFF-9A07-7932380819C2.jpeg


スポンサーリンク

レイドや踏破の恒例として、
プリェスト+クライン+ファルゴース(魔神)で
一つのPTが組めるのはそれなりに評価できる。
(レジェンドフェスなどだとPTは組みづらい)

年代記編成内部で考えた場合、
リヴェラが100~120だとすると、
クラインは変身時で110(+色んな便利能力)
プリェストは50~80(状態異常効くボス相手なら120)
って感じ

問題なのは、クラインやプリェストは
「他のアルカナを強化する能力」が薄いため、
メインアタッカーになるという選択が無難だが、
地域無差別でメインアタッカーを張れるほど、
飛び抜けて強いわけではないという点。

補助能力を目的として編成する
(プリェストの場合なら新世代かつマナ獲得)か、
という選択もありうるが、
年代記PTで高難度にチャレンジするという以外では、
それほど必須ではないかな? という感じ。




◇いつもの(2000軸・無凸)

プリェスト
平常S+(1150)~S++++(1715)
対ボス(状態異常にできる場合)
技効率1500~5500


クライン
平常S+++(1390)
変身時SS(2200)
技効率5000~10000

プリェストの計算できてない要素:マナゲット
クラインの計算できてない要素:
範囲攻撃、HP超過時の実質60%バリア、死亡時復活



◇前提
上で書いたことで尽きてるが、前提として、
レイド頑張りたいひとはひいていい。

とはいえ、レイドにおける特攻は、
踏破ほど必須級というわけではない
(フレ接待PT組めば頑張れるかも?)ので、
結局はリアルにかけられる手間との兼ね合いだろうか。

今回のファルゴースは
ものすごく強いというわけではなさそうだが
(それでもリンセ無凸くらいには強い)、
それなり以上の性能のマナ獲得アタッカーなので、
とっておいて損はないと思う。

引かなければレイドをがんばれないが、
引くことで200体以上を目指せる人は、
報酬でそれなりにガチャ資産も回復するので、
割りもいい。



◇総評:所属無差別で考える場合
まず結論から言うと、
今回のクライン、プリェストについてだが、
現状の年代記PTで編成したとしても、
所属無差別の最強PTを更新できるほど強くはない。
(すくなくとも恒常戦闘力の観点からは)

下のほうにPT単位の比較を張っておいたが、
クラインにせよプリェストにせよ、
全体強化率の低さが足を引っ張っている。

(雑な比較ではあるが、恒常戦闘力面では、
Wリヴェラ+クライン+プリェストは
Wウェイン+シンフォニア+ユリアナの
3割~5割程度のスペックしか出せない)

クライン、プリェストともに
全体強化性能が低いため、
メインアタッカーとして起用する他ないが、
強めのクラインであっても、そこまで破格の性能、
というわけではない。

もちろん、この判断は私の観点であり、
とくにスキル面を重視される場合
(たとえばチヨメの範囲一掃や、
 鉄煙のスキル連打、ヤイトの超必殺支援、
 デルフィーナコットンの堅さ,,etc)や、
PSで被ダメージを大きく抑えられる場合など、
など、私がうまく評価できていない部分も多い。

特に今回は、クラインの範囲攻撃、
スキル後の実質60%バリア、死亡時復活など、
加味していない要素も多いため、
クラインがメインアタッカーとして、
活躍できる可能性は十分にある。

ただ、とりあえず現行で組めるptで考えた時、
ここまで数値上の差が出てしまうと、
スキル面や運用面でサポートしても、
地域無差別で運用するのは難しそうだとは思う。

クラインは今後年代記や拳戦士に対して、
大きく補助が行えるアルカナが登場するなら、
メインを張れるアタッカーになりうるだろう。
(個人的には、クライン単体に対して、
強烈な防御バフをかけられる相方がいれば、
いろいろ変わるかなと思う)




◇総評:所属内部で考える場合
プリェストはやや戦闘力が控えめなものの、
クラインは色々なオプションがつきつつ、
リヴェラに迫る前衛性能をもち、
対ボス火力も高くできるため便利。

地域編成をやるなら、
小回りがきくプリェスト、
破壊力を出せるクラインは、
とっておいても損はないと思う。

以前の踏破、
ファルナーズとタンナーズの時と比べると、
レジェンド1%枠との強さがそんなに開いてない
(リヴェラとクラインは年代記内部であれば、
総合的に同格程度)ので、
そういう意味ではお買い得ではある。

とくにクラインは、条件付きとはいえ、
リヴェラの2倍以上の効率で
マナをダメージに変換できるほか、
死亡時復活で事故率も少なく便利。





◇プリェスト
プリェストは状態異常付与能力持ちの、
やや出足が遅い新世代アタッカー。

長所は高めのスキル火力だろう。
スキル威力の基本となる攻撃力値が
素の状態でも650とかなり高く
(ブレイブヒトリが700程度)、

状態異常を入れたボス相手であれば、
900に達する。この数字は、
夜時のチヨメを上回っており、
なんと7マナ時のメルティオールと同格。
(0マナ時だとメルティオールが勝つ)

伝授スキルは基本的に、
そこまで高威力にはならないため、
対ボスアタッカーであれば
他のアルカナ(たとえばクライン)に
譲ることになるだろうが、
道中のスキルアタッカーや、
対ボスでバフ/デバフを入れつつ雑魚を散らす、
といった役割に非常に向くアルカナである。

短所は、初動の道中性能が低いこと。
WAVEアップ系アビリティの宿命だが、
1〜2WAVEではあまり頼りにならない。

初動から全力を出せるアルカナ、
リヴェラやクラインなどと組ませたい。



◇クライン
基本的には変身しての運用となる、
通常範囲攻撃もちの高耐久アタッカー。
スキルを使用するごとにhpが全快するほか、
死亡時の復活を持っておりしぶとい。

それにくわえ、一定数の敵を倒すと、
変身時の必殺が1マナになるため
対ボス戦闘を有利に運べるなど、
様々な便利オプションがついたアルカナ。

変身時の被ダメ軽減率が58%とまあ高く、
変身によってhpが大きく回復するため、
スキルを打ちつつ高耐久の壁役として使える。

理想的な運用としては、
戦線投入→hpが30%程度になるまで戦う
→変身→hpが30%程度になるまで戦う
(雑魚を10体倒しておき、ボスWAVE突入)
→ボスに高火力必殺を放って有利に、
という感じだろうか。

ボスWAVEの挟まり方によるが、
道中戦闘の展開にやや縛りがあり、
ある程度の数をクラインに任せつつも、
クラインが死なない程度の難易度ならば、
非常に強力な前衛として機能する。



難点は、運用にある程度縛りがある、
ということそのものにある。

まず、クラインを活かすには、
意識して操作しなければならないので、
PT全体のプレイ難度がやや上がる。
(古い例で言えばリュドミラを入れると、
PTの隊列を気にしなければいけないとか、
に近い)

そして、クラインの理想的な運用が
「ダメージを引き受け撃破数を稼ぐ前衛」
であるのに対して、

クライン自身がこの役割を、
高難度クエストでこなせるだけのスペックを、
残念ながらもっていない、ということがある。
(すくなくとも私の見方では)

要するに、
雑魚敵が一定以上強くなってくる場合
うまく運用するのが難しくなるのである。

とくに問題なのは、
クライン自身が撃破数を稼ぎたい反面、
3すくみ関係を覆すアビリティ
(カウンター、反射)を持たず、かつ
道中の敵を簡単に一掃できる手段がない、
ということ。

破壊力自体の問題もあるが、
範囲攻撃がある程度広いか、
カウンターないし反射があれば、
あるいは、「hpが自動で超過回復する」や
「敵陣では1マナ範囲一掃スキルをもつ」
といったギミックでもいいが、
そのあたりでも持っていれば、
単独ないしw前衛を十分こなせただろう。

しかし、クラインはそのあたりがないため、
とくに高難度では、やや運用しづらい面がある。

(このあたりはプレイスキルにもかかわるので、
psしだいでは問題なく運用できる、
ということもありうる。私には厳しそうだったが…)








◇プリェストの計算

プリェスト(状態以上なし).png

プリェスト(状態異常あり).png

プリェスト(上体異常あり、対ボス).png


◇クラインの計算

クライン.png



◇PT単位の比較

聖都(フレウェイン)
聖都.png

聖都(Wウェイン)
聖都Wウェイン.png

盾の勇者
立ての勇者.png

Wリヴェラ+クライン+プリェスト
Wリヴェラ+クライン+プリェスト.png



◇最近のアルカナ布置
最後にこれ乗っけとくと色々便利なので、
繰り返しになるけど載せておきます。

以下は1200軸のデータなので、
結束の評価的にはやや弱めの評価です。

後衛なので再計算する必要があるやつは
※つけておきます



◆環境最強格(4000:SS++++~)
扱いやすいグループは以下の四体。
ウェイン(3100~4500)
レアーオ(1600~4300)と
コモディア(2450~4500)、
ファラ(3000~3500+回復)

最後に実質的にはほぼ同格だが、
毎wave最初の15秒間だけ異常に強力なオルガ
(1500~3100程度、15秒間限定で6000程度)がいる。

条件つきでここに追いすがれるアルカナとして、
装備編成整えたテリリア(1300~4300)と、
運用を意識したシュザ(1700~6000)が挙がる。
シュザ強いんだけどマナ減りまくるから評価が難しい。

上方された義勇軍勢も一時的にこのクラスに届く。
カイン(1800~2100、超必殺後20秒3600)

◆レジェンド1%級(最高2500~:SS+~)
その下に、
リンセ(2300~2400)
シンディ(2300~一時的に3000)
オルドレード(1700~3000:運用を意識する場合)
ペイシェ(1350~2660)
ファティマ(1200~2500、近接絆とも好相性)※
シェギギム(1500~2500)、
春ベラ(1300~2200)、
アシュリナ(1700~2500)、
リヴェラ(1500~2300)、
装備編成整えないテリリア(1300~2500)
グリゼルディス※
といった「レジェンド1%級」の
アルカナたちが並んでる。

これら「レジェンド1%級」と同格ラインとして、
条件を整えると強いアルカナたち。
たとえば5waveで全力を出す支援アルカナ、
ベルタ(700~3000)※
装備編成を整えることで全力を出す
フリージア(900~3200)※
レイリー(800~3700)※、
フリージアと組めると強い属性攻撃特価の
ヴェルナー(属性デバフ時1000~3000)
などがいる。

「レジェンド1%級」のポテンシャルをもちつつも、
上記のアルカナたちと比べるとやや落ちるのに、
ラファーガ(400~2500)
運用をそれほど意識しないシュザ
(700~1600~場合によって2700)と
ヨシツグ(1100~2000~場合によって2700)、
ロレッタ(1000~2500がいる。
ラファーガは運用の制約が激しく、
九領勢とロレッタはちょっとエンジンかかるのが遅い。

◆旧レジェンド1%級(最高1500:S+++~)
で、これらのアルカナの下に、
「上方調整された旧レジェンド1%級のアルカナたち」と
「2018年秋以降のレジェンド2%級のアルカナたち」が
ばらばらに入り混じっている。

たとえば、
バリエナ(1990)
イドゥベルガ(1700~一時的に2500)
オルドレード(1700:運用を考えない場合)
ウィンシー(1700~一時的に2500)

ミシディア(1300~1700、一時的に2300)
アリシア(1200~1800)
バルトロ(1300~1450、盾破壊)
タンナーズ(1400~1800)
ファルナーズ(戦士PT時1300~1700)
シンフォニア(1000~2000)
ユリアナ(1400~1850)
アインスロット(1200~1800)
ツル(1100~1550+吸魂)や、
フィリアナ(1100~1580+回復)※
追儺ヒトリ(900~1400+伝授)などがいる。

ユリアナたちと比べると少し弱めになるが、
アルドラ(800~1200)
ビエンタ(900 スキル使用時2000)
フェーベ(900~1500、スキル加味せず)
ライラック(750~1400)
リフレット(800~1370)、
追儺ベニガサ(760~1120)※
ユギギ(800~1200)
レリアン(250~1200)
ボムボマー(300~1500)※
あたりが並ぶ。


ミーム(660~700)
アンジェリカ(160~320)
スルスタン(260~400、夜時380~640)
ニンファ(670~750)



この前やってた転スラコラボのアルカナだと、
リムル(1000~1800)
ミリム(890~1050)
シオン@対ボス(730~810)
シオン@道中(730~1620以上)
なので、だいたい「旧レジェンド1%級」ぐらいの性能。

けものフレンズコラボのアルカナは
サーバル(1200~1800+吸魂)
オオセンザンコウ(1000~1800+復活1)
オオアルマジロ(800~1400+復活2)
カラカル(夜時1600~2500)
と、「旧レジェンド1%」くらいの性能。
(カラカルは「レジェンド1%」級)

盾勇コラボのアルカナは
尚文(汎用1900~2600 出張2500~3200)
ラフタリア(1000~2000、スキル時20秒4700)
フィーロ(750~2000)
グラス(1200~1900 対ボス2600)

プリェストは1200軸だと、
平常900~1480
状態異常の敵がいると、
1100~1800(対ボスなら1400~2300)
これにマナ獲得能力および、
スキルの自己回復が加味される。

状態異常が入らない場合、
追儺ヒトリと同格程度のため、
やや最近のアルカナにしては控えめとなる。

クラインは、
変身前で1180、
変身後で1950程度。

範囲攻撃、死亡時復活、
高い対ボス性能などがこれに加味される。
対ボス性能はそれなりに高めで、
シェギギムやリヴェラと同格と考えていいだろう。
(ただ「環境最強格」と呼ぶには、
 全体強化率関連のスペックが控えめ)




人気ブログランキングに参加してます。
参考になった! と思ったら応援よろしくお願いします。
バナー2.png


この記事へのコメント

  • シヴァーニとユリアナの評価聞きたいです!
    お願いいたします!!!!!
    2019年08月12日 11:06
  • 名無しのユーリ

    遅れ気味ですいません! ユリアナはちょっと性能控えめ(かなり運用意識してシェギギム級)、シヴァーニは弱体とおる対ボスで環境最強格に食い込む(装備整えるとヒットマックスシュザ級)感じです〜
    2019年08月12日 13:31