結論:ゴリ押せるほどの性能はないため、敵や場面に合わせて運用を変えることが望ましい。テクニカル寄りのアタッカー。運用の楽しさを実感出来るアルカナではあるが、初心者向けではないかな。



カルネロの短所は
・前衛性能が中の中程度。
・後衛性能もそう高くない
・全体強化率がひくい
・スキル火力が低めで高難度では微妙気味

長所は
・チェイン効果上昇によりボス戦短縮
・適切に運用をスイッチできればだが、
事故率は低い
・スキル威力さえ足りれば道中の
「スキルアタッカー」として振る舞える
・伝授役として強力

とにかくゴリ押せるほどの性能はないため、
運用を意識して使っていくのが大事。

6DE5EE6C-F2C4-4604-B707-3BED729473FA.jpeg




年代記の使徒カルネロさんが、
眼光を鋭くして再登場した。

性能的には全部盛り的というか、
とにかくいろんなことができる!
という最近の2%弓の例にもれない。

アリシアもそうだが、
レジェンド2%近接弓を
「psによって強さの幅がでるアルカナ」
として位置付けようとしてるよね。

カルネロは
・チェインバフ率上昇
(≒味方がスキル使うたびに直後のスキル威力上昇)
・ダメージを与えるたびに全体hp回復
・カウンター
・スキルによってマナ獲得

ととりあえずいろんなことができる。





ためしにテンプレ的に書いてみることにした。
イザークの記事で挙げた項目を流用。
恒常戦闘力の項目を追加。

(1)恒常戦闘力面ではどうか≒PS抜きの評価はどれほどか
(2)サポート力がどれだけあるか≒インフレ耐性がどれくらいあるか
 結束、スキルバフ
(3)事故が防げるかどうか≒PS必要か
 被ダメ、HP回復率
(4)交戦時間をどれくらい減らせるか≒PS次第でどれだけ強くなるか
 スキル威力、回転率、バフの有無、通常攻撃等


◇恒常戦闘能力

戦士換算で前衛時の性能を見てみると、
だいたい2000軸で1500~1600。
全体強化率が133%と低めなうえ、
HP値の低さが影響している感じ。
もう少し本体性能欲しいかなあ。

後衛換算で見てみると、
強い他の前衛と組み合わせられたなら、
まあまあな性能になることがわかる。
とはいえ後衛としても、
頭一つぬけてる! というわけではない。

眼光が鋭くなって性能がだいぶ伸びた、
のは間違いないのだが^^;


◇サポート

スキルはバフ効果を持たず、
全体強化率も133%と控えめ。

しかし、チェイン時限定ながら
味方の技威力を3割ほど増加させるため、
ボス戦を短縮するのに役立つ性能。


◇事故防止

耐久性が低く、
戦士の一撃は耐えきれない。

しかし、
近距離戦力をあげるカウンターアビと、
「ダメージを与えた分全体回復」の
二つのアビリティによって、
生存性能はそれなりに高い。

戦士に対しては後衛としてふるまい、
騎士相手にはカウンターしつつ接近戦
という感じで、
それほどPSを必要とせずとも、
十分事故を防げる。


◇交戦時間短縮

カルネロは自前スキルで
敵を倒しつつマナを回収できる、
「スキルアタッカー型」のアルカナ。
カルネロのスキル火力が足りる限り、
道中の交戦時間を大幅に減らせる。

とはいえ与ダメ率は4.5倍と低めで、
スキル威力は2800ほどというところ。

高難度以外ならもちろん使っていけるが、
最高難度でも役割をこなせるかは、
正直微妙という感じだろうか。

対ボス戦においては、
チェイン効果上昇のアビリティにより、
それなりの短縮が見込める。
(バフ系スキルと相性◎)

◇総評

カルネロの短所は
・前衛性能が中の中程度。
・後衛性能もそう高くない
・全体強化率がひくい
・スキル火力が低めで高難度では微妙気味

長所は
・チェイン効果上昇によりボス戦短縮
・適切に運用をスイッチできればだが、
事故率は低い
・スキル威力さえ足りれば道中の
「スキルアタッカー」として振る舞える
・伝授役として強力

という感じ。
とりあえず性能でゴリ押せるタイプじゃないので、
敵に合わせて運用を変えていくふうにしよう。

戦士は射撃で、
騎士はカウンターで。
hpが減ってきたら後ろに下がってhp補給、
という感じがいい。

なお、単独orw前衛ができるほど
盾持ち処理能力が高いわけでもないので、
弓単なら(現環境ではいないが)近接弓、
それでなければ騎士などを
もう一枚組み合わせられたい感じではある。

ただ、職業がばらけると
スキルアタッカーはやりづらくなるが^^;



◇カルネロの計算

前衛換算
カルネロ(前衛時).png

後衛換算
カルネロ(後衛換算).png








◇最近のアルカナ布置
最後にこれ乗っけとくと色々便利なので、
繰り返しになるけど載せておきます。

以下は1200軸のデータなので、
結束の評価的にはだいぶ弱めの評価です。
(初心者目線では正しい)

後衛なので再計算する必要があるやつは
※つけておきます



◆環境最強格(4000:SS++++~)
このクラスで頭ひとつ抜けているのが、
ウェイン(3100~4500)と
メルティオール(1600~2900)。
恒常戦闘力が高いだけでなく、スキル周りやアビリティが強力。

そのほかで使いやすいのは、
レアーオ(1600~4300)と
コモディア(2450~3600)、
ファラ(3000~3500+回復)
ファティマ(1200~2500、近接絆とも好相性)※

最後に実質的にはほぼ同格だが、
毎wave最初の15秒間だけ異常に強力なオルガ
(1500~3100程度、15秒間限定で6000程度)がいる。

条件つきでここに追いすがれるアルカナとして、
装備編成を整えた水着シヴァーニ(1400~5850)
装備編成整えた雪テリリア(1300~4300)、
運用を意識したシュザ(1700~6000)が挙がる。
シュザ強いんだけどマナ減りまくるから評価が難しい。

「最大スペックでは」という縛りはあるが、
このクラスに食らいつくアルカナとしてさらに、
モアネット(1200〜2800〜3600)
カイン(1800~2100、超必殺後20秒3600)
装備編成を整えない水着シヴァーニ(1400~3600)
がいる。

◆レジェンド1%級(最高2500~:SS+~)
その下に、
リンセ(2300~2400)
シンディ(2300~一時的に3000)
オルドレード(1700~3000:運用を意識する場合)
ペイシェ(1350~2660)
シェギギム(1500~2500)、
春ベラ(1300~2200)、
アシュリナ(1700~2500)、
リヴェラ(1500~2300)、
装備編成整えないテリリア(1300~2500)
グリゼルディス(1400~1700~2500)
といった「レジェンド1%級」の
アルカナたちが並んでる。

これら「レジェンド1%級」と同格ラインとして、
条件を整えると強いアルカナたち。
たとえば5waveで全力を出す支援アルカナ、
ベルタ(700~3000)※
装備編成を整えることで全力を出す
フリージア(900~3200)※
レイリー(800~3700)※、
フリージアと組めると強い属性攻撃特価の
ヴェルナー(属性デバフ時1000~3000)
などがいる。

「レジェンド1%級」のポテンシャルをもちつつも、
上記のアルカナたちと比べるとやや落ちるのに、
ラファーガ(400~2500)
運用をそれほど意識しないシュザ
(700~1600~場合によって2700)と
ヨシツグ(1100~2000~場合によって2700)、
ロレッタ(1000~2500がいる。
ラファーガは運用の制約が激しく、
九領勢とロレッタはちょっとエンジンかかるのが遅い。

◆旧レジェンド1%級(最高1500:S+++~)
で、これらのアルカナの下に、
「上方調整された旧レジェンド1%級のアルカナたち」と
「2018年秋以降のレジェンド2%級のアルカナたち」が
ばらばらに入り混じっている。

たとえば、
バリエナ(1990)
クライン(1950+復活+範囲攻撃)
イドゥベルガ(1700~一時的に2500)
オルドレード(1700:運用を考えない場合)
ウィンシー(1700~一時的に2500)

ミシディア(1300~1700、一時的に2300)
ラベゼリン(1300~1900)
アリシア(1200~1800)
バルトロ(1300~1450、盾破壊)
タンナーズ(1400~1800)
ファルナーズ(戦士PT時1300~1700)
シンフォニア(1000~2000)
ユリアナ(1400~1850)
アインスロット(1200~1800)
プリェスト(900~1400~2300+マナ獲得)
水着ユリアナ(750~1860)
ツル(1100~1550+吸魂)や、
フィリアナ(1100~1580+回復)※
追儺ヒトリ(900~1400+伝授)などがいる。

ユリアナたちと比べると少し弱めになるが、
アルドラ(800~1200)
ビエンタ(900 スキル使用時2000)
フェーベ(900~1500、スキル加味せず)
ライラック(750~1400)
リフレット(800~1370)、
追儺ベニガサ(760~1120)※
ユギギ(800~1200)
レリアン(250~1200)
ボムボマー(300~1500)※
あたりが並ぶ。


ミーム(660~700)
アンジェリカ(160~320)
スルスタン(260~400、夜時380~640)
ニンファ(670~750)



この前やってた転スラコラボのアルカナだと、
リムル(1000~1800)
ミリム(890~1050)
シオン@対ボス(730~810)
シオン@道中(730~1620以上)
なので、だいたい「旧レジェンド1%級」ぐらいの性能。

けものフレンズコラボのアルカナは
サーバル(1200~1800+吸魂)
オオセンザンコウ(1000~1800+復活1)
オオアルマジロ(800~1400+復活2)
カラカル(夜時1600~2500)
と、「旧レジェンド1%」くらいの性能。
(カラカルは「レジェンド1%」級)

盾勇コラボのアルカナは
尚文(汎用1900~2600 出張2500~3200)
ラフタリア(1000~2000、スキル時20秒4700)
フィーロ(750~2000)
グラス(1200~1900 対ボス2600)

1200軸で考えた場合、
カルネロの前衛性能は1300〜1400
後衛性能は1500〜1600程度となり、
正直言ってあまり高くはない。

恒常戦闘力面ではということで、
プラスアルファが色々あるのが
いいところでは、あるが。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。