激走祭再び! 支援フェス(走者カーリン、走者エステラ)

結論:新世代の中では強力で、超高難度への敷居を下げてくれる便利な新世代アルカナたち。イベント特攻なので手軽に引けるし、入手しておいても損はないのでは(ものすごく走れるひとは無条件で引くべし)


結論で尽きてるが、
イベント走れる人は引いて良さそう。
今回は報酬がサブバフだし、
報酬自体も小回りが利くため有用。

ただ、いままでクリアできなかった
超高難度をクリアさせてくれる!
というよりは、

義勇軍の層を厚くして、
戦力配分などを楽にしてくれる、
黄昏向きのアルカナという感じだと思う。


エステラ:
 柔軟なサポーター

カーリン:
 脳筋寄りの賢者前衛

といった印象

3915BEB0-5C3F-4781-9AD7-F6CF8CB44170.jpeg

スポンサーリンク



◇前提
前提として、踏破特攻を引くかどうかは
報酬アルカナが欲しいかどうか、
イベントにきちんと参加できるような
時間がとれるかどうかで決めるといい。

今回の報酬はサブPTバフアルカナ。
初心者からしても、熟練者からしても
逃したくないアルカナではある。


◇総評
今回の特攻アルカナは、
(1)だいたいアシュリナ級だが
(2)新世代としては結構強い
という特徴を持っている。

つまり、
アタッカーとしてみると、
ギザザヤなどのLe1%よりは
どうしても劣るし、
支援能力も特化アルカナ
(モアネットや尚文)には
及ばないところがあるものの、
超高難度で必要なスキル構成を
上手く整えるポジションに回れる
(にもかかわらず戦力が落ちない)
という特徴を持っている。

バッファーや地形変化側に回れ、
また新世代高難度でも使える。

これらのことを考え合わせると、
イベント特攻として、報酬を入手しつつ
義勇軍の層を厚くできるため、
引いておいてもいいかなーって感じ。

まあ、
賢者は比較的使える新世代が多いため、
基本的には黄昏を見据えて引く、
ということになるだろう。



◇もうちょい詳しく
アルカナ単体の性能をみると、
概ねロレッタ・アシュリナ級の強さで
カーリンはHP回復アビ+対ボス必殺
エステラは天運+バフ必殺と、
きちんと役割が持てる構成である。

Wエステラ+カーリン+ベルタ+Hアリーチェ
というPTを組んだ時のことを想定すると、
いくらか推定が混じるが、おそらく、
純本体性能(という計算の数値)の
総計は3000~4000程度になる。

完璧にとはいかないまでも、
十分強めのPT水準に達している。

◇エステラ
バフ必殺を持っている、
新世代の天運追撃アタッカー。

排出されるマナを増加させ、
またスキルバフによって、
直後のスキル威力を増加させるため、
対ボス戦を短縮するのに役立つ
便利なアルカナといえる。

素のスキルでバフを持つため、
伝授スキルで地形変化などを
持たせやすい、柔軟なアルカナだと言える。
(イラスト的を見ても
 ずいぶん柔和な顔つきになったなー、
 ってそういう話ではないか^^;)

クリティカル率が非常に高く、
クリティカル時HP回復絆などと
組み合わせるとHPもだいぶ安定する。

クリティカル時に付随する追撃については、
範囲はそこまででもないものの、
色々テクニカルに使える余地のあるアルカナ、
という感じだろうか。

……キャラクターの特色を見ると
カーリンのほうが対ボスアルカナっぽいが、
じつはエステラも基礎攻撃力が高く、
十分対ボスに回れるスペックを有する。

もちろん
「素でバフスキルを持っている」
というのを生かすためには
対ボスには回らないほうがいいのだが^^;



◇カーリン
与えたダメージに応じてHPを回復する、
耐久性に優れた戦士アルカナ。
範囲に対するカウンターも持ち、
道中性能は見た目以上に高いと言える。

カウンターの軽減率は70%と低くはないが
対戦士を担うにはやや不安な数値。

まあ、HP回復アビリティの補助もあるので
ある程度は戦士も処理できるだろうが、
実際は後衛の魔法使いに戦士を任せ、
騎士を集中的に処理していく、
という運用になるだろう。

この意味ではエフィメラ
役割がかぶっていると言える。

エフィメラと違うのは、
カーリンには盾破壊がないために
交戦状態を維持しなければならない点、
そして交戦状態を維持できるだけの
回復力を持ったアルカナである点だろう。

エフィメラは敵に接敵して盾を破壊し、
後は後衛としてふるまうという
役割のスイッチを前提とした運用が
求められるアルカナだったが、

カーリンはというと、
役割をスイッチするも何も、
とにかく盾持ちを殴り倒していく!
という脳筋的なアルカナだといえそう。

伝授スキルは道中で役立つモアネット、
対ボス火力を担えるギザザヤ、あたりが
選択肢に挙がるだろう。
(特にギザザヤは耐久性を上げてくれるため、
 便利に使えるはず)





◇走者エステラの計算

エステrun(道中).png


◇走者カーリンの計算
初動
駆ーリン(初動).png

道中
駆ーリン(マナ獲得&四回攻撃).png

対ボス
駆ーリン(マナ獲得&四回攻撃:対ボス).png


◇評価の水準
最後にこれ乗っけとくと色々便利なので、
繰り返しになるけど載せておきます。

以下は4000軸のデータなので、
結束の評価的にはだいぶ強めの評価です。
(2019年以降の環境です)

後衛については未計算状態なのですが、
私の使用感にそって、大まかに
配置していくことにします。


暫定で新規にアルファベットを振っていく。
あくまで暫定ね^^;



◇「環境最強格」暫定Aランク
最強格だと言えるのが、
ギザザヤ(5000~11000)
性能値自体も高いし、スペックを維持するための条件も緩い。
対ボスアタッカーとしても最強格で復活・吸血もつく。

これに続くかたちで目立ってくるのが
黒騎士(3850~8400)と
上方調整されたシュザ(2280~10036)
とくにシュザは大きく使いやすくなり、
最大スペックを発揮しやすくなった。
(上方調整後のスペックはまた後日書く)


◇「準最強格」暫定Bランク

このクラスで強いのが
ウェイン(4160~6890)と
岩谷尚文(戦士系PTで3000~6900)
サーシャ(要計算)
ベルタ(要計算)
メルティオール(要計算)


標準的な性能の
レアーオ(3600~6100)
ファラ(4900~5300)
コモディア(4400~5100)
ファティマ(要計算)

スペックではやや劣るものの、支援をこなせる
モアネット(2500~5500)
カイン(2800~5000、超必殺後7000)
オルドレード(2600~5800)
ヨシツグ(2800~5300)

最後に実質的にはほぼ同格だが、
毎wave最初の15秒間だけ異常に強力なオルガ
(2800~6500程度、道中15秒間限定で8000程度)がいる。



◇「旧レジェンド1%級」上位暫定Cランク
恒常戦闘力では上位陣に一歩及ばないものの
一芸を持っていて非常に強力なアルカナなのが
イザーク
(軍記あり3200~4500 軍記なしだと1900~2700)
チヨメ(2700~4800)
シェギギム(2300~4000~)
エフィメラ(要計算)

マナをたくさん運用できる標準的な性能の
文字通り「旧レジェンド1%」たち
バリエナ(3900)
リンセ(3500)
ペイシェ(2400~4300)
ユリアナ(2700~3700)
アシュリナ(2900~4600)
グリゼルディス(要計算)

生かせれば
ロレッタ(2100~4500)
ツル(2800~3200+吸魂)
も使えるが今後を考えると運用制限が厳しめか。

性能面ならこれら「旧レジェンド1%」に匹敵するアルカナたち
春ベラ(2300~5500)、
ラフタリア(2000~5000)

組み合う相手が少ないが高性能な
シンディ(4100)

◇属性系アルカナ暫定D+
属性弱体というギミックをもち、
超高難度以外では非常につよい。

しかし
超高難度の場合ボスが耐性をもち、
超高難度を挑む際に使いづらい、
というやや扱いづらいアルカナたち。

基本スペックが高めな
雪テリリア(要計算)
水着ケーテ(要計算)
は高難度でも使われることがある(暫定C並み)。

しかし、以下のアルカナはほぼ、
「超高難度以外では強い」といったポジションで
固定されつつある、やや悲しい位置づけ。
水着シヴァーニ(要計算)
水着フロガビドゥス(要計算)
水着ユリアナ(要計算)
バルトロ(要計算)
フリージア(要計算)
レイリー(要計算)
ヴェルナー(要計算)


◇「旧レジェンド1%級」中堅~暫定Dランク
このクラスは自己バフ型のレジェンド1%が多い。
リヴェラ(2700~3100)、
ラベゼリン(2900~3500)
アインスロット(2400~3000)
ミシディア(要計算)
レジェンド1%だけありマナを潤沢に使える。
このクラスの中だと割と強め。

コラボのアルカナ中堅勢もこのラインにいる。
サーバル(2700~3200+吸魂)
オオセンザンコウ(2000~3000+復活1)
真宮寺さくら(3000~3500)
神崎すみれ(2400~3500)
地形変化や変身でマナが減るキャラは、
評価がやや下がる。すみれはバフが使える分強力。
サーバルは敵を倒す環境さえ作れればそれなり。

少し前のイベント特攻やLe2%などもこのクラスがいる。
シンフォニア(2100~3700)
プリェスト(1750~3600+マナ獲得)
クライン(2685+復活+範囲攻撃)
ウィンシー(要計算)
アリシア(要計算)
カルネロ(要計算)


◇2018年後半~2019度前半の特攻クラス暫定Eランク
基本スペックは控えめと言わざるを得ない。
そんな中でも一芸があり上位陣に食い込めるのは
フェーベ(1800~2400、スキル加味せず)

一芸のレベルは大きく劣るが
リムル(2100~2700)
フィーロ(1750~2700)
オオアルマジロ(17500~2100+復活2)
カラカル(夜時2000~2500)
桐島カンナ(1500~2000)
レニ(1400~道中3000、属性弱体)
といった旅人勢も楽しいアルカナではある。

推定だがレジェンド1%後衛勢もこのあたり
フィリアナ(要計算)
アルドラ(要計算)

特攻勢はこんな感じ
タンナーズ(2300~2800)
ファルナーズ(戦士PT時1880~2630)
イドゥベルガ(2000~一時的に2600)
ライラック(1650~2600)


◇それには及ばないクラス暫定Fランク
上記以前のアルカナだったり、
インフレ耐性がないデザインだったりすると、
だいたいこのライン。
ラファーガ(400~2500)
ミリム(1600~1750)
リフレット(1000~道中2700)
ビエンタ(要計算)
ミーム(1400~1400)
シオン(730~道中2100)
ユギギ(870~1200)
ボムボマー(要計算)

レリアン(250~900)、
スルスタン(夜時500~900)
アンジェリカ(160~320)
など。


今回の計算だと
4000軸を用意できてないのだが、
結果だけ言うと
エステラは3500~4000で
暫定Cランクくらいの強さ。

カーリンは2400~3000だが
カーリン側は回復アビを持ってるので一段強い
=結局同じくらい=Cランクくらい
の強さ。

エステラはバッファー、
カーリンはアタッカー、という
役割分担ができてる感じかな。


人気ブログランキングに参加してます。
参考になった! と思ったら応援よろしくお願いします。
バナー2.png


この記事へのコメント