初心者向け記事番外:SR限凸の使い先について

雑記です。

20171107 ちょっと改訂


◇大まかな指針
新世代は各地域を強化するにあたって便利なので、新世代SRは凸するという選択肢が十分ありうる。
旧世代SRは結束がかなり強いアルカナでない限りメイン起用の可能性は薄い=凸しなくてもいい。




最近踏破のたびに配られている「SR限界突破アルカナ」。
合成するだけでどんなSRでも限界突破できるため便利で、現在もはや復刻がみこめないような過去のコラボアルカナであっても限界突破できるのが特によいところ。

使い先に悩んでいる方向け、個人的な指針をメモ。

◇何を目的に使うのか?(何がモチベーションなのか?)
(1)好きなアルカナがいるので限界突破したい!
(2)SR限界突破アルカナを使ってゲーム上有利になりたい!

(2)のひと向け。


◇概観
大前提として、2016年度以降のSSRはかなりアビリティが強く、無凸であってもSSRで固めたほうが強いPTができる。「SR四凸はSSR無凸よりも強くなる」という法則が機能している酒場もあるが、最近はSRを四凸しても追いつけない場合が多い。

したがって、SRを限界突破することでゲームが有利になるケースは、基本的に、変則的な編成が要求されるときに限られる。(a)塔、(b)渦、(c)タイムアタック、(d)総力戦、(e)レイド、(f)絆としての使用、(g)伝授枠として、という用途を考えてみる。

以下で概観を述べるが、見ればわかると思うが、新世代アルカナはかなり便利なので手持ちが少ない地域のSR新世代は凸しておいてもいいと思う。



(a)塔(サブPTバフとして)
クジュウリの姫君ルルティエ(うたわれコラボ・僧)
※ルルティエ以外のサブPTバフは凸数がそれほど重要ではない


(b)渦
各地域の僧侶アルカナ
回復スキルを伝授可能な各地域の新世代アルカナ

戦力面では
四角四面の編入性トビアス(三部賢者・魔)


(c)タイムアタック
軽量範囲一掃スキルや軽量多段攻撃スキルを伝授可能な新世代アルカナ全般

そのほか
第7小隊の自称アイドルイーディ(戦ヴァルコラボ・弓)
聖剣の勇者ランディ(聖剣コラボ・戦)


(d)総力戦
結束をもつSR全般
瑠璃空の片翼シーシャン(三部精霊島・僧)
ハイテンションカウガールジェネシス(配布)
聖剣の勇者ランディ(聖剣コラボ・戦)など


(e)レイド
バフスキルが伝授可能で結束を持つ新世代
瑠璃空の片翼シーシャン(三部精霊島・僧)
たった一人の管弦楽団ケマイエス(三部湖都・騎)

そのほか
422部隊隊長No.07クルト(戦ヴァルコラボ・弓)
言葉無き吟遊詩人ロクサーナ(湖都・魔)


(f)絆
第7小隊の自称アイドルイーディ(戦ヴァルコラボ・弓)
血染めの花ベッツィー(罪・戦)
骸骨剣士スカレット(年代記・戦)
...そのほか各種マナ素養絆アルカナ


(g)伝授
422部隊隊長No.07クルト(戦ヴァルコラボ・弓)
言葉無き吟遊詩人ロクサーナ(湖都・魔)

"初心者向け記事番外:SR限凸の使い先について"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: