九領酒場(1部)ってどうなのか

初心者向け


ssrだけをまとめて評価するよりも、
酒場単位でコメントしたほうがガチャ引くときの参考になるかと思ったので
その方針でとりあえず書きます。

たくさん課金してガーっと引いちゃえる人なら事情は違いますが、
基本的には資産は限られているので、
どのsrを狙っていけるのかを含めるといいかなという感じ。


以下では、わたしの所感を、「もし自分のアカウントが消えてしまって、チェインクロニクルをもう一回ゼロからやりなおすとしたら」という前提で書きます。

評価するにあたっての基準は下記のとおりです。
(1)イベントなどで追加される高難度クエストのクリアに貢献する
(2)レイド、踏破、タイムアタックなどのイベントなどに貢献する
(3)地域限定イベント「深淵の渦」に貢献する
※(3)に興味がない場合は、地域ごとの僧侶や結束の評価点がややさがります

◎だけはクエストなどで手に入った精霊石を使って引く可能性があるもの。〇~×はspチケットなどを使ったときに副産物として手に入ったときの評価というかたちでかきました。

評価内容
◎:積極的に狙っていきたい
〇:売らない
△:余裕がなかったら売るが、基本的には(自分なら)売らない
×:売る


◇SSR(戦士)
△~×:文化の伝道師ギン:弱くはないので序盤は使えるが、絆の使いどころは限られるし、最終的にPTからは抜ける。渦対策にもつのはあり。
△~×:鬼神剣士オリョウ:序盤使えなくはないが最終的にPTからは抜ける。渦対策にもつのはあり。
△~×:剣豪大夫カミナヅキ:絆がスロウ・暗闇・呪い特攻と幅広く、持っていたくはなる。ただ本体性能が微妙で、序盤使えなくはないが最終的にPTからは抜ける。渦対策に持つのはあり。スキルが3マナ15倍範囲なので伝授要員で使えなくはない。
〇:海を統べる第十領領主ミシマ:絆が海洋特攻+αなのでとりあえず確保。さほど倍率は高くないものの結束もちなため常設九領戦士のなかでは頭一つぬけている。クリティカル特化系のアルカナを大きく強化するため、持っておくとよい。必殺技が1マナ範囲なのでタイムアタックでも使いやすいほか、渦でも使える。
△:主求めし剣豪ムラクモ:荒地特攻絆なので使いどころは薄そうだが確保。本体性能としては微妙で、最終的にPTからは抜ける。渦対策にもつのもあり。
△~×:逆巻く野望シュレン:使いどころは薄そうだが、渦用に確保するのもあり。
△~×:火焔の剣士ソーニャ:対ボス戦向きの能力をもち、最終的にPTからは抜けるアルカナではあるが、渦用に確保するのはあり。
△~×:壱領忍衆頭目チヨメ:後衛を先に落としたいクエストなどで活躍するが、本体性能が弱めなため最終的にPTからは抜ける。渦用にとっておくのはあり。スキルが2マナ単体13倍なので伝授に使えなくはない。
△~×:老剣豪ボクデン:序盤は使えなくもないが最終的にPTからは抜ける。渦用にとっておくのはあり。
〇:姫剣豪ヨシノ:絆素養+αの絆なので確保。本体はそれほど強くなく、最終的にPTからは抜ける。とはいえ渦用にも一応なる。

◇SSR(弓使い)
〇~△:第三領主ズイハ:戦弓結束もちの後衛。クリティカル時ダウン付与もそこそこ強く、常設で九領渦に挑む場合大きな活躍が見込める。倍率はさほど高くないとはいえ戦士にかかる与ダメージ上昇系結束というのもうれしい。

◇SSR(魔法使い)
〇~△:式神使いクズノハ:タイムアタックで活躍するため確保。さほど強くないとはいえ被ダメージ減少結束もちであり、また呪い状態の敵弱体化も侮れない。常設で九領渦に挑む際にはかなり便利なアルカナだといえる。

◇SSR(僧侶)
〇~△:鬼巫女アオイ:僧侶としての性能では二部僧侶などに劣るが、手に入ったならコスト16SSRなりの活躍はする。常設で九領渦に挑む際にはかなり便利なアルカナ。スキルはそれなりに強力だがリリスには回復量で負け、二部アルカナには2コストであることが不利なため、伝授要員としては使いづらいところも。

◇SR
△~×:無惨の剣士シドウ:うまく操作すると1部SRとは思えない火力がでる(160%)戦士。最終的にPTから抜けるものの、凸が進めば渦では使える。3マナでボスに大ダメージを与えるなど、活躍する機会もある。ただし被ダメージも多いため扱いが難しい、玄人向けのアルカナ。
×:壱領忍衆マトイ:まあ売ってもよさそう。
△~×:忠誠の剣士ハヤテ:クリティカル時ダウン絆をもつためとっておいてもよいが、本体のほうの使い道は薄い。売るのもあり。
△:最恐の主婦キョウカ:サブPTバフ要員として確保。いちおう鬼特攻&2マナ13倍単体必殺ということで伝授要員として使えなくもない。
△~×:折れた剛刀オグマ:クリティカル時ダウン絆をもつためとっておいてもよいが、本体のほうの使い道は薄い。売るのもあり。
△:剛剣士サコン:荒地特攻絆なので確保。
△:二領の戦鬼ヨシカゲ:二種類の結束があるため九領sr戦士のなかでは頭一つ抜けている。凸が進めば渦でも活躍するため持っておいてもよい。
△~×:厭世の剣士ナズナ:鬼特攻絆なので確保しておいてもよいが、使いどころは少なそう。
△:春眠の剣士イブキ:経験値ブースト要員として便利。確保しておくとよい。
△~×:忠義の少女ヨイチ:凸が進んだ状態でズイハと併用ならば、渦で使えなくはないアルカナ。凸を狙わないならば売ってもよい。
△:髑髏使いユミコ:毒および白骨化(!)防止絆をもつアルカナ。呪い付与も持っておりタイムアタックでも活躍するので、とっておくとよい。
△~×:呪術師アイリ:荒地特攻絆のためとっておいてもよい。waveアップ5.5%は1部SRにしてはなかなか強力ではある。凸が進めば渦で使えなくはない。くつくつくつ。
△:棺を担ぐ鬼坊主エンクウ:九領僧侶がいなければ重要度がグンと上がる。二種類のwave回復をもつほか、スキルによるダウン回復も痒いところに手が届く感じでよい。現在では三部sr僧侶が強力なため最終的に渦以外のPTではぬけてしまうが、凸が進めば渦では十分活躍できる。


こういうのは書いていくうちに評価ブレするのが常なので、ちょっと変なところもあるかもしれません。
とくに渦に興味がない場合、九領の場合はやや評価がかわります。
まあ、参考になれば。

"九領酒場(1部)ってどうなのか"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: