SSRの強さの判断大枠(1):ステータスとアビリティ

シリーズ?
SSRの強さの判断大枠(1):ステータスとアビリティ
SSRの強さの判断大枠(2):スキル
SSR僧侶についての概観

新しいアルカナがでるたびにコモディアとベルヴィードとトリッシュ(二部族長クラスアルカナ)の話をしているので、新しいアルカナを理解する際の大枠を示しておく。
「回復役」としての僧侶はちょっと別だてで理解したほうがいいと思われたので、別記事にした。

アルカナには大雑把に言って
(1)ステータスの強さ
(2)アビリティの強さ
(3)スキルの強さ
がある。

今回は最初の二つだけ。


(1)ステータスの強さ
じつはけっこうアルカナごとに違うし、凸数に応じてもかわってくる。

サンプルを示すとこんな感じ。
sample3.png
左の「比較」と書かれた黄色のマスが、ステータス平均6500を基準とした性能値の比較。
だいたい凸が一つ進むごとに性能が15%~20%ほど上がっているのがわかる。

無凸のステータスを列挙するとこんな感じになる。
・コスト16SSRはだいたい6500平均
・コスト18「新世代」SSRはだいたい7000平均(ただし伝授混みだと7700平均程度まで上がる)
・コスト20常設酒場~コラボ族長SSRはだいたい7300平均くらい
・レジェンド2%枠アルカナがだいたい7700平均くらい
・レジェンド1%枠アルカナがだいたい8000平均くらい

上の表でもだしたが、性能値の差として言い直すと、
コスト16SSR無凸:100
コスト20SSR無凸:125
新世代無凸:115→137(伝授前→伝授後)
レジェンド2%無凸:137
レジェンド1%無凸:148
という感じになる。


(2)アビリティの強さ
この項目は後日書き直す。

「dps~%」だけだとアルカナの総合的な強さを表現するには足りないので、被ダメージ減少率を踏まえて「性能~%」という表現で以下は話をすすめる。

この数値は「dps~%」とよく書いてるやつを「被ダメージ~%/100」で割った数字でだいたい概算できる。
たとえばdps200%、被ダメージ100%の戦士アルカナは200/1で「性能200%」。
dps140%、被ダメージ80%の戦士アルカナは140/0.8で「性能175%」。
(新しい用語を足しすぎると概念整理が面倒なので今後使うかどうかは不明。便利なのはたしか。)

大雑把に言って
一部コスト16~18SSR:性能(後衛なら火力)110~150%
二部常設コスト20SSR:性能(後衛なら火力)160~200%
二部コラボ・族長コスト20SSR(他者強化型):性能(後衛なら火力)170%前後+結束(数字合計)13~25%
二部コラボ・族長コスト20SSR(自己強化型):性能(後衛なら火力)250%前後
新世代(2016年):性能(後衛なら火力)130~190%前後
新世代(2017年):性能(後衛なら火力)200~300%前後(低い場合は結束等もち)
レジェンド(2%):性能(後衛なら火力)200~300%前後(低い場合は結束等もち)
レジェンド(1%):性能(後衛なら火力)400%前後(+結束)



戦士コモディア、弓使いトリッシュ、騎士ベルヴィードはそれぞれ二部コラボ・族長コスト20SSRアルカナに分類される。

コモディア、トリッシュはdps170%(結束自己適用時)、被ダメージ100%、結束113%の前衛と後衛。
ベルヴィードはdps200%(騎士4時)、被ダメージ80%の前衛。

各地の高難度クエスト(渦の超上級、地獄級以外)はだいたい、
この「二部コラボ・族長コスト20SSRアルカナ」以上の相性のいいアルカナで固めていれば突破できるので、
今のところはこのラインを超えているかどうかが重要になる。


余談になるが、上で示した数字をそれぞれかけあわせることで、
(もちろん限界はあるが)だいたいアルカナの強さがわかる。

たとえば、
一部SSR無凸、dps120%、被ダメージ95%の戦士アルカナの強さはだいたい「126」。
100*1.2/0.95=126

二部SSR無凸、dps170%、被ダメージ90%の戦士アルカナの強さはだいたい「234」
124*1.7/0.9=234

ベルヴィード無凸(7700平均、dps200%、被ダメージ80%)の強さはだいたい「347」
137*2/0.8=347

レジェンドカイン四凸(dps280%、被ダメージ70%)の強さはだいたい「904」
226*2.8/0.7=904

ということで、ベルヴィード無凸は一部SSR無凸約3人分、レジェンドカイン四凸はベルヴィード無凸2.5人分弱の仕事をすることがわかる、というふうに。
まあなんかのご参考になれば。

"SSRの強さの判断大枠(1):ステータスとアビリティ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: